2008年08月31日

アヒルと鴨のコインロッカー

ahirutokamo.jpg 公式Webサイト
最近、積極的に情報収集しようと思っていないせいか(多分、流行モノの雑誌をしばらく読んでいないからだろう)、DVDでも映画を観る機会が減っている。レンタルショップに行っても、大々的に広告をうっているものには、ほとんど興味がないから、あまり知らないようなものに手を伸ばそうとするが、つまらなかったらどうしよう‥と躊躇していた。週末は、昨年春公開の映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を観る。吉川英治文学新人賞の受賞作だったと知り、原作者の伊坂幸太郎さんにも興味がでてきた。

推理小説や深層心理をあらわすドラマという期待でみると、否定的な意見も多いようだが、もてあまし気味の時間のなかで、孤独や期待、将来の不安が混じった青春のワンシーンを上手に切り取ってくれたと思う。カットバックでつくるシナリオの旨さ(このあたりは最近の小説の流行なのか)、メインアクターのほかにも、松田龍平の演技が光っていた。ちょくちょく、このあたりの作品を観たいと思う。
ラベル:映画
posted by 4430516 at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芝居とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強みの大事さ

戦略は、強みに立脚してしかつくれない。秋池玲子さん(日経ビジネス2008.9.1)
―確かにそうだ。自社の強みがわからない企業担当者こそ、戦略を描くことができず迷走している。私たちの仕事は、戦略立案の支援をするだけではなく、そもそもその企業の強みを明確にして、共有していただくことにあるのだと、再認識した。
ラベル:戦略
posted by 4430516 at 16:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

ゼンハイザーPMX200

PMX200.jpg
毎日通勤の際に使っているせいか、ヘッドフォンの買い替えサイクルは半年に1回くらいになっている。痛むのは、ipodとの接続部分の接触不良。もしくは、イヤーセットの部分の接続不良。その他の部分はなんでもないことも多いのだから、線が壊れることを前提にした商品開発をしてくれたらいいのに、と思う。

壊れるからといって、1000円程度でコンビニで買うと、やはり音質が悪い。思い切って、狙っていたゼンハイザーのPMX200を購入した。このクラスで音を聞き比べるとゼンハイザーかAKGがやはり良質。昔気に入っていたKOSSのモデルは試聴ができなかったのパス。

娘がためたお金(450円)で買ってくれるというので、ヨドバシで購入したが、改めてWebサイトでみると1000円以上も安かった。ポイントがつくのと、「買ってもらう」という儀式なのでよしとしよう。

【後日談】2009年6月にリード線 破損!若干壊れやすい構造。
PMX200.jpg
ラベル:音楽
posted by 4430516 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 触発する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

言葉の意味を探る旅ふたたび

kotoba no imiduke.jpg 『コトバの<意味づけ論>』深谷昌弘・田中茂範(1996)紀伊國屋書店
遅ればせながら、読書中。私たちが日常的な生活の中で利用することを考えると、関連性理論かもしれないが、スペルベルではやや判りにくかったコミュニケーションの仕組みをわかりやすく描いていることに注目したい。あまり時間もないので、概論をしっかり読むだけでもかなり考え方がシャープになる。深谷氏は最近ソシオセマンティクスの本も出したので、読んでおきたいところだ。
ラベル:書籍
posted by 4430516 at 00:00| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

さようなら深浦さん

深浦加奈子さんが昨日お亡くなりになられたそうだ。第三エロチカの看板女優だった頃からのファンで、後輩として大学に入ったときは、すでに彼らはプロとして大きく活躍していた。部室には、彼女がアートシアター新宿(JUKU)前でポージングをしている写真などが残されていたので、何枚かくすねてきた記憶がある。あの写真はどこにいったのだろう。享年48歳(ああ、だいぶ先輩だったんだ‥)。ご冥福をお祈りします。
ラベル:演劇
posted by 4430516 at 23:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芝居とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HTML教本

HTML.jpg『HTML&スタイルシート』レッスンブック
ネット企業にいて、今頃、HTMLを学んでいる私は何なんだろうと思うが、やはり基礎言語は理解できないといけないと思い、入門者向けの良書を紹介してもらう。適当に合間をみては、自習。確かにこの本は的確でわかりやすい。プログラマーやコーダーを目指すわけでもないのだが、その昔DTPを独学した頃のことを思い出す。この延長で積読状態になっているJAVAなどもかじっておこう。
posted by 4430516 at 01:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

降るプラチナ

furu purachina.jpg 『降るプラチナ』新居昭乃
何気にGoddess in the Morningのボーカルのことを調べていたら、新居さんだということが判り、早速購入してしばらくヘビーローテーション。というのも数ヶ月前の話で、最近はすっかりi−podの他の曲に埋もれていたのだが、たまにランダム選曲でヒットすると、ぐっと引き寄せられる楽曲の強さが、coccoに似ている気がする。なにか欲情的で浮遊感が漂うアジアンテイスト加減が、懐かしいどこかの世界にいざなってくれるが、最後は毒を盛られ、突き放され、強さを求められるような‥そんなとても大事な人と会ったような気になる。
posted by 4430516 at 02:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

楽天メモ

日経ビジネス 2080825号「ネット流通の研究」で、楽天の三木谷浩史さんの記事。

重要なのは、会員ビジネス。会員を理解し、必要なサービスを提供していく。その導入部分として流通事業は重要。流通事業としてのモールは、未来永劫、本業である。そこで行われるショッピングは、エンタテイメント性が極めて重要である。そして、楽天は店長が主役。amazonは商品が主役。楽天は中堅・中小企業支援。

いろいろな企業を買収したために、その後の統制などにおいてノイズも聞こえるが、やはり事業コンセプトはシャープ、明瞭なんだと思った。
ラベル:楽天
posted by 4430516 at 10:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

夕焼けの似合う楽曲集

haruka nakamura.jpg『grace』haruka nakamura
個人的には今年出会った中でもかなり高ランク。エレクトロニカ的な要素をもつ、アコースティックアルバム。高校生のとき、夕暮れにピアノを適当に弾いていたら、とてもキレイな和音やメロディを発見して、何度も何度も弾いて、ドロロン閻魔くんが始まっていても弾いていて、しまいにはカセットに録音しちゃったような曲を、また改めて聴いたら、泣ける‥という、そんな感じの曲が詰まっている。癒しと共に元気を与えてくれる有難いアルバム。しばらく手放せない。
ラベル:haruka nakamura 音楽
posted by 4430516 at 18:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

記憶容量の少ない人

今年の4月に学生から社会人になり、残り1ヵ月半程度でビジネスマンとしてそろそろ半年を迎えようとしている。だいたい、このくらいになると、面接や初期の研修などで見えなかったものが可視化されてくる。私は、これまでプランナーといわれる人を教育してきているが、将来性があると思う人には、できるだけ最初の半年間で徹底的にいろいろなことをやらせるようにしている。

しかし、どうも社会人の卵たちは逆のようで、何らかのスキルとしてまずしっかり土台、専門的な知識をもつことを希望するケースが多い。それは、あるひとつを極めるとそのほかのことがわかるというような、経験をつんだ人のいう類のことではなく、目先の安心のためのような保障のようなものかもしれない。

こういう保全性の強い人は、そもそもプランナーには向かないのだが、誤ってプランナーの育成コースに入れてしまうと悲劇だ。なぜ、こうなるのか、これから明らかにしていきたいのだが、いま考えている仮説はコンピュータでいう「メモリ」―特に「RAM」的な容量が圧倒的が少ないのではないかということ。換言すれば、メタ表象をするためのパワーがそもそも備わっておらず、何かを一度にバケツに入れて、そこから仮説をつくってみるという力に欠けているのではないかということだ。

メタ表象能力が低いのは、仮説を立てる前提の多くの情報をいま自分がもっている尺度でしか判断できず、プランナーとしては極めて致命的であると、私は考えている。採用の段階で、このような力のある人をいかに判別し、取れるかというのが極めて重要なのだが、そこを見誤ると悲劇が起こる。仮説能力のある人材を育てる最初の一歩は、そのあたりの力のあるなしに左右されるのかもしれない。@神戸
posted by 4430516 at 21:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

布引高原の風力発電プロペラ

布引02.JPG
福島県会津の布引高原にあるドイツから船で運ばれてきた33基の風力発電プロペラ群。キャベツ畑(布引大根が有名だそう)で、黙々と回り続ける姿に圧倒された。33基全体の年間発電量は12,500万kw時/年(35,000世帯分)だそうなので、日本の世帯電力消費量の約140分の1くらいかも。
布引04.jpg
全長100m、プロペラは30mなので、プロペラが12時の方向に来たときは130mとなる。氷結しないように強化プラスティックを採用。最下部にもぐりこんで見上げると、遊園地の巨大遊具のようにギリッギリッときしむ音をたてて回っている。※ちなみに右の写真はPSで画像加工したもの。

無駄の無いフォルム。これぞ道具だ。弁当でももって、ぼんやり過ごすにはもってこいの場所である。ただし、標高1080mの山頂まで排気ガスをモクモクだして上りきらないといけないのは、ジレンマであるが‥
ラベル:エコ 風力発電
posted by 4430516 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 触発する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

現場同士の議論が新たな価値を生む

先日、大学院の仲間でつくっているNPOの発表会で、粛々と最近の私の仕事の現場や私の研究していこうと思っている内容について、説明させていただく機会を頂戴した。アジェンダは先に送っておいたが、あまりおおっぴらにできない内容が入っていたので、さほど人も集まらなくてよかったかな。話材の提供が目的だったのだが、議論をあまりする時間がなかったのはちょっと残念。やはり、異業種のメンバーが集まると、即興的に議論をするのが難しいのか‥問題意識が違うのか‥ぼんやりとそんなことを思っていたら、メーリングリストで「出席できなかったので、参考文献を教えてください」というメールをみつけた。やれやれ。参考文献か。この場で発表する人の内容こそが参考になるはずではないか。学術研究者の文献を通してでしか議論できないなんて、なんとつまらない。学術研究の内容としてまとまっていないと、安心できないのかしら。そういう人に限って、自分の現場しか関心がないんだろうな。
ラベル:社会人大学院
posted by 4430516 at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン