2009年07月31日

プランニングKPI

ビジネスの目的は、戦略を考えることでも、広告やWebサイトなどの販促ツールを作ることでもない。目的(=数値化された目標)にたどり着くために、考えることの目標があり、作ることの目標がある。つまり、あるビジネスのアクションのなかに、考えること(プランニング)のKPI、制作のKPIを設けるということを考えてもいいだろう。プランニングの品質を担保するためには、こういったKPIは欠かせないはずだ。自分で自分の首を絞めるというように考えるのは、顧客志向や向上心のないプランナーかもしれない。ただし、KPI優先でつまらないプランにしてはいけない。具体的な指標を考えてみることにしよう。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 10:32| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

モノクロ企画書の良さ

前職時代では、ほとんどの企画書をカラーで作成してしていたが、カラー出力費もバカにならないので、今は、企画書のフォーマットをモノクロでも準備している。2〜3回分の企画書の作成時は、一昔前に戻った感覚だったが、慣れるとこちらの方が、しっくりくる。コストはもちろんだが、装飾デザインに時間をとられず、機能デザインに集中できる。そして、本質の議論ができる。モノクロの濃淡だけで、資料を作成する癖がつくと、本当に意味のあるカラーコントロールの力もつく。やはり、企画書は見た目でなく、中身で勝負したい(もちろん、モノクロならではのデザイン作法もあるのだけれど)。そうやって、若い人たちが見た目に惑わせられない本当の力を身につけてくれるとうれしい。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 04:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ベテランの悪い癖

独立して、新しい仲間とプランニング中心の仕事をしていますが、(前々から言っていますが)企画の出来不出来は、やはり初動にありますね。初動でしくじると、あかんです。ビジネスなんで、考える時間が限られていますから、余裕があって2週間、1週間、下手すると2〜3日で企画書を仕上げないといけません。ここで、先方のヒアリングができていないとか、基本的な資料がそろっていないとか、FACTを軽視する人がチームにいると、そのコンペはまず負けます。

特に怖いのが、「ベテラン」といわれる人たちの悪い癖です。キャリアをつむと、案件の概要を聞いただけで「あの企画書が使える」とか、「あの企画が当てはまる!」とか思い浮かびますが、実はそれが思考を止めさせるのです。若い人は、経験のある人がそういうのだから、それに従えばいいと思いがちですが、キャリアのある人ほど、効率を重視しすぎて、ゼロベースで企画を考えようとしない場合も多く、クライアントの意向を無視した提案書に陥ることもしばしば。さらに悪いことに、若い人が、ゼロベースで思考できるせっかくの機会を失うということにもつながります。

経験のある人は自分の成功体験こそがすべてだと思い込む癖もあり、こういう人がプランニングの責任者だったり、マネジャーだったりすると、肝心な本質を隠してしまうので、やっかいです。いくらコンペに勝つためにどうすればいいか?を議論しても、結局うまくいかないのは、マネジャー自身がちゃんと考える癖をもつ組織をつくっていないからなのです。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決めポーズの研究は面白いかも

GYAOトレンドの記事↓
女子高生のキメポーズ変遷! あなたはいくつ知っている?
http://trend.gyao.jp/trivia/entry-285289.html
このあたりのとことを、真剣に研究している社会学者の方はいらっしゃるだろうか。新橋のサラリーマンのインタビューのポーズとか、経営者がどんなところで写真に写っているかとか‥いろいろその時代を分析する手段もあるでしょうね。ちょっと気になったのでメモ。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

Walmartのスローガンから学ぶこと

Walmartのスローガンが昨年、いつも低価格(always low price)→節約して、よりよい暮らしを(save money live better)に変わった。このことについて、アル・ライズとロール・ライズは『War in the boardroom』で、「消費者の心に刻み込まれたウォルマートをあらわす言葉は、安さだ。安さは決して悪い言葉ではない。安さは万人にアピールする力はないからこそ効果があるのに、凡庸なものに取って代わった」と言っている。

最新号(2009年7月27日号)の日経ビジネス記事では、安さを訴えて大きく成長した今、それを追求するだけでは許されない存在になったからこそ、わざわざ「より良い暮らし」を掲げて、サスティナビリティを企業戦略に組み込まなくなったと分析している。安さを追求して、多くの業者の犠牲=雇用問題の増大を出してきたことを、今度はサスティナビリティを掲げて、批判の隠れ蓑にしようとしているとも。

マーケティング的には、安さというカテゴリーブランドのNO.1をキープするのが得策であるが、儲けかたに対する批判をかわすため、持続可能性というコンセプトをもってきたというのは、一理あるだろう。サスティナビリティというコンセプトが、ビジネスプラットフォームに乗せられたときに、果たして本当に私たちの生活にあらゆる意味で貢献するのか、しっかり考える必要がある。企画屋の我々としては、安易にサスティナビリティという言葉で、ごまかした風なことを書かないことでしょう。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

型だけ使うとこうなる

20090725_if_グリナ.jpg
コピーライティングの基本となる型を使っているが、「えっ!」に驚きのあるファクトはないし、「朝がつらい」ののも具体的にどんなシーンなのか、顧客便益はなんだろう‥というまえに、これはいったい何?「休息サプリメント」が、朝のつらさにどう役立つの?既存顧客向けならまだしも、これはインフォシークのバナー広告ですし‥。素人がコピーの書き方を見て書くとこうなりがちです。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

エロキャラ?民主君

すいません。どうも、口がダッチワイフに見えてしまいます。
minsyukun.jpg

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徹底的にポジティブ

事務所のメンバーとディスカッション中、徹底的に自分を褒めてくれる「ほめられサロン」を紹介してもらった。なるほど、これだけ徹底していると、ウソも方便とはよくいったもので、なんだかにやけてしまう。褒められることって、本当にないものな。褒めることで、みんながハッピーになるなら、もっと人を褒めてみよう。そんなわけで、このブログの左バーにも「ほめられサロン」のブログパーツを貼ってみた。これは、「触発する道具」ですよ!

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 03:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 触発する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異種混交戦

過去の職場から研修の企画ご依頼をいただく。ご提案したところ快く思っていただける人とそうでない人がいることが判明。退職した人や競合先にもなるようなところから教わりたくないという気持ちがあるのでしょうね。別の過去職場からは、モラル的に取引できないとか言われていたりもして‥それぞれ喧嘩別れをしたということはないのですが、ちょっと残念な思い。とはいえ、これは自業自得でしょう。そういう人との関係をつくってしまったという私に責任があるのだと認識しています。

この3ヶ月、独立していろいろな人や競合先とお会いすることが増えましたが、やはり同業との意見交換は重要であると感じます。ものの見方、悩み、捉えどころなど、似ていますからね。勉強にならないはずはないのです。特に、自分のドメインと若干ズレのある人の話がすごく参考になる。どちらかといえば、若い人に排他的な傾向があるようですが(かくいう私もそうだったんですが)、せっかくのチャンスを自ら捨てるのは、もったいないなと日々実感。

アイデアの源泉となる視野を広げたくって、何回か組織を渡り歩きましたが、それは間違っていなかったからです。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 02:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

残念な研究会

最新のECのCRMについて発表があるというので、とある研究会に参加したはいいのだが、中身がぜんぜん違っていて、2時間ほぼスカイプでチャットしたり、資料をつくったり‥これは、詐欺ですよ。とメールでもだそうかなと思ってもいるが、まぁだまされたほうが悪いのかな。ここは、偉い人たちのサロンのようでした‥

いかんせん、講師が数年前のありもの資料を、一生懸命言い訳して話しているのには辟易。いまさらWeb2.0とかモバイルECの情報が何もないとは、どーなっちゃってるの??質問させていただいたら、明らかに問題意識も最新情報もわかっていない様子。ひどいなぁ。

とはいえ「ネットはレコメンとかして、顧客とコミュニケーションしているふりを一生懸命しているのだ。本当はリアルのコミュニケーションしか人は信じない」という、参加者からの本質的な議論に踏み込む話しもあったりして。そういう話をするのは、得てして実務家なのですが、やっぱりそうでしたね。いろいろ勉強になりました。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 22:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

戦略とは何か?

仕事柄、「戦略」というものをクライアントと一緒につくり、取りまとめて、アウトプットしていくことが多いです。特に「基本戦略」とか、「基本」をつける場合も多く見られます。クライアントと話しをしていると、「うちの社長は戦略好きだからさ、そういう話は最適ですよ!」という場合もあれば、逆に「うちは、部長が現場たたき上げなんで、戦略とか言うとアレルギー反応を起こしますよ。カタカタを多用するのもやめてください」ということもあります。

―というわけで、週末ある資料をつくりつつ、一度戦略について整理しようと思って、ちょっとこちらに→書いてみました←。自分としてはだいぶ整理できてきたのですが、戦略アレルギーの人は、まだまだでしょう。そういう人は、経営コンサルタントたちによって、ミッシーなロジックの元で、戦略を練り上げられ、それを渡され、結局何かしようとしたけど、なんもできない机上の空論ではないか!という経験がおありなのかもしれません。

酒井穣さんが、うまいことをお書きになってました。「戦略とは、コミュニケーションを活性化させるための道具です」。この視点を持たないと、いけないんですよね。だから、戦略は動的であり、日々変わるものだということを、私たちは肝に銘じておかなければいけません。同時に「戦術」という概念はなく、ある目的の下位目的の戦略を戦術と呼んでいることに過ぎないという、視点を常にもつことも必要でしょうね。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンセプチャルな視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

Twitterの使い方模索中

ここのところ、「勝間さんのtwitterの使い方がうまい」と書いている人がちらほら。私は、勝間さんの投稿があまりにも多くて、フォローやめちゃいました。しかし、著名人にとっては、自分の欲しい情報がリアルタイムで集まってくる使い勝手の良いツールであることは間違いありません。

何か呼びかければ、世界中の誰かが高いモチベーションをもって応えてくれるというのは、うってつけの情報源です。しかし、私も含め多くの無名な人は、知り合い同士の馴れ合いの「つぶやき」を交換しあうだけ。これを情報格差がますます広がると捉えるか、フォローすることで自分もその恩恵にあずかると前向きに捉えるか?

私は人のつぶやきを、自分のアイデアの刺激剤にできればという目的で利用をしています(また変わるかもしれませんが)。そんなわけで、しばらく、人づてにTwitterの中でも「つぶやき」が面白そうな人や、その業界では著名な人、専門的知識をもったような人を探して、毎日少しずつフォローすることにしています。このブログにも、自分の最新投稿を20くらい掲載しはじめました。面白いツールであることは間違いないですから。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 試しに試してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ・デジタルサイネージ

ケータイ電話を連続で設置して、デジタルサイネージができるというDNPの仕組みだが、デジタルサイネージの今日的定義からするとちょっと違うかもしれない。でも、書店などにはぴったりかもしれない。でも、アイデア次第でいろいろ活用できるな。(※詳細は会社のほうのブログに書いておきます)

モバイルデジタルサイネージ.JPG

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

明日香の東風

ituneで「東風」を探していたら、明日香という雅楽グループを見つけた。なるほど、こんなアレンジもOKですね。そんなわけで、明日香の別の曲も購入したのですが、有名な曲をコピーして、ituneに載せると、いろいろな人に見てもらえるというPR効果はあるかもしれません。最近は、ゆっくりCDショップに行く暇もなく、ディープな情報誌を読む機会も減ったので、ituneで検索・購入→YouTubeで見る→他の曲やアーティストのつながりを探す→ituneで検索‥みたいな消費行動になっています。



こんな暑い日は、ビールを飲みながら、ゴンチチのライブでも行きたいものです。いつになったら、そんなのんびりできる日が来るやら‥

 

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

勝間和代さんのTwitter

すごいなぁ。いきなり2500フォローだって。こういう人が始めると、一気にブームになるでしょうけど、個人的にはTwitterのフィルターが欲しいです。その人の「つぶやき」でも、こんな「つぶやき」だけ欲しいというものがあるのですが、なんでもかんでも表示されるのは、ちょっと辟易しますねぇ。しばらくは、Twitterのアドレスを自分のブログに載せてみるというのが、流行りそう。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケティングはCRMが基本

深夜本棚の扉を開けて、何百冊とあるマーケティングの本から必要なものを探す。こんな本があったのか!というものが、バラバラとでてきました。本棚に扉がついているのは、知の刺激を受けにくいので、よくないなぁ‥しばらくの間、モバイルやデジタルサイネージ、Webサイト、システムなどを活用した具体的なプロモーション施策の企画ばかりを立てていたので、久しぶりに理論を読み返すと新鮮です。

パラパラと本をめくっていても、やはりCRMがマーケティングの原点になるのでしょう。ここ3ヶ月、私たちの会社のお客さまにもいろいろと営業していますが、それが痛いくらいにわかります。もういちど、理論立ててCRMを理解し、Eコマースなどへの具体的な活用フレームをしっかりまとめ直そうと思います。最近のお仕事も、このあたりのご相談を多くいただいていますので‥

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 10:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

コストコを食らう

家族がコストコで、大量のパスタとかソース、ポテチ、ナッツ、ジップロック‥などなど、いろいろ吟味した上で買ってきました。で、実際に食べてみると‥まずい。指定時間よりも、だいぶ長めにゆでたペンネがカチカチ。なんじゃ、この歯ごたえは!ソースもしょっぱすぎるし、ポテチに関してはよくある海外ものの油だらけの代物。

買わなかったらしいけど、トイレットペーパーは1ロール60円とか。10個で600円だよ(うちの近所は300円しないよ)。で、来ている主婦は、計算機片手に安いかどうかを調べて買っていたらしいですが、基本的に普通のスーパーのほうが品質も良くて安い場合が多そう。

複数の家族や主婦同士で、そのボリュームにびっくりしながらショッピングするというプロセスに価値があるとしても、品質が悪ければリピートしないのではないでしょうか。ま、欧米モノのよさを知らないとか言う人もいるかもしれないけど、いまさら、アメリカンな生活ですか?少なくとも僕はいいや。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 試しに試してみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

デザイン思考の仕事術

「使えるアイデア」の考え方を、プロダクトデザインのプロセスを通じてわかりやすく教えてくれる。下手な企画書の書き方の本を読むより、よっぽどオススメ。本質を知っている人が書いている本だと思います。今度会社のブログにポイントをまとめます。
ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術

ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術

  • 作者: 棚橋 弘季
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2009/06/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 22:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

ダサオモシロイ ディケイド

ディケイドに、シンケンジャーがでてきた。おじさん仲間にわかりやすく言えば、仮面ライダーにゴレンジャーがでてきた。すごいクロスセリング!シンケンジャーへの関心とおもちゃの販売を増やす施策だろう。おもちゃといえば、ディケイドのコンプリートフォーム!いくらなんでも、おもちゃの売り上げを上げるとはいえ、これのデザインは(ネタばれ時から痛かったが)ひどい。だいたい頭の上に、自画像のカードを貼り付けて戦うなんて、どこかのいたこでもあるまいし(まあそんな感じを意図しているのかもしれないが)。
ディケイドコンプリート.jpg
ドラマ自体も、クウガなどの初期プロデューサーが持ち込んだ、大人でも観賞に耐えられるスピリッツは、消えてしまった気がする。俳優の演じ方も一本調子で、相変わらず堅苦しい。―がゆえに、これはもう、ダサい特撮ということで、楽しめばいいのだろう。どーしょうもない話だけど、なぜか毎週見ちゃっているし(w 乗りは、アクマイザー3みたいなもんかな。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・特撮・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒板からアクティブボードへ

アクティブボード.JPG

週末、デジタルパブリッシング展に出かける。仕事以外のジャンルで興味をひいたのは、アクティブボードというもの。結構前から発売されていたらしいが、ホワイトボードのようなスクリーンにパソコンの画面を投影して、特殊なペンを使い作図ができたり、直接マーカーで手書きできるような代物。みんなの前で、パワーポイントをペン入力して作成していくいうのがしっくりくるイメージだ。

主に小中学校などでの需要を見込んでいるのだろう。先生が操作に慣れてくると、見ている子供のほうは授業の内容よりも、どんな風に描くか、作るかという部分に関心がいってしまうのではないか?という危惧もでてくるが(ビジネスのシーンと同じですね)、1クリックでいろいろな世界に飛べる授業も楽しいものだろう。どちらかといえば、教師よりも我々ビジネスマンのほうが、スマートに使いこなせるだろうな。いずれは、ビジネスシンキングツールとして改良し、うちの事務所にもぜひ入れたい。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン