2009年12月31日

自信家は環境を変えて強くなれ

僕らと同じ時期に独立した人たちが意外と多く、その人たちのブログなどを拝見させていただいたりもするが、過酷な環境の中で、ずいぶんと成長しているもんだなと感心することが多い。実際に仕事の品質をみていない人も多いので、なんともいえないが、少なくともブログを見る分には、大きくなっているんじゃないかな。また私よりも年齢的に若い人たちが、それなりの役職について、いい貫禄で仕事をしている姿をみると「環境は人を変える」とはよく言ったものだと思う。

私も前職に飛び込んだときには、これまでの職場とのあまりの環境の違いにアレルギーを起こしたが、これも勉強だと思って結局数年いることにした。結果、これまでの環境と違う理由は何なのか?その原因を明確に突き止めることができ、それを現在の実業に活かしていこうとしているわけだが、「慣れない環境に慣れよう」という努力も必要なときがあるのだろう。とはいえ、無理をしていはいけない。「自分はこれだけは負けない」という、確固たる自信がなければ、環境に飲み込まれるだけだ。

新しい環境で大きくなっている人たちをみると、やはり、それぞれ何らかの部分で自信をもっていた。なるほど。何か自信のあるものをもったら、新しい環境に飛び込んでいくというのは、己の成長戦略の中で重要な考え方かもしれない。自信をもったまま、ずっと同じ環境にい続けるとなると、結局井の中の蛙だ。別に転職を促すわけではないが、企業もそういった自信家たちに、チャレンジする環境づくりを推奨していかないと、せっかくの人材も腐ってしまうのだろう。かといって、突然変異的な特命プロジェクトや新規事業を任せればいいというものでもない。
posted by 4430516 at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待値に生きる

ワラワラと仕事をつくってきたせいか年越し、年明けも別に普通の平日のように生きている。経営をはじめると、年末が一区切りではなく期末が本当の区切りになる。なので、いまは4Qのことで頭がいっぱいだし、来期の戦略にも手をつけないといけないと感じているので、気持ちが休まることがない。おかげで、いまだに風邪を引きずり、今朝まで発熱。まあ中途半端な休みにするよりも、海外に行くとか、思い切った気分転換をしないとダメなんだろう。いま海外にいく金がない(w

この状態が、雇われている身であればかなりつらいと感じるわけだが、自分が経営しているとなれば話は別で、自分の苦労がすべて会社のブランドとして跳ね返ってくるのだから、別になんとも思わない。この苦労はすべて自分の会社のブランドのためにある。そしてそのブランドを理解して、引き継いでくれる人に対して、残りのビジネス人生をかけるというのであれば、それも面白いことだと思っている。

同じことをしていても、楽しいかどうかと思えるのは、このように「先」があるかどうか?だと感じる。成果主義によって、儲けたお金を分配するより、期待値よって分配するほうに比重をおきたい。少なくとも、僕らの会社はそのようにするつもりだ。成果主義と期待値のバランスが、組織を活性化させるのに重要だと思う。それと研究開発やイノベーションへの関与度合い、このあたりも成果の中に組み込むべきだろうね。
posted by 4430516 at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

組織化のヒント

少年サッカーの観戦に出かける。自分の娘のチームの観戦をしていてふと、試合中の監督やコーチのグランドのへの声のかけ方が、どうも保護者たちと同じではないか?ということを感じた。「早く追いつけ!」「そうそう、そういけ!」「もっと、動けよ!」‥などという掛け声は、文字にするとリアリティをとたんに失うのだが‥そのタイミングのほとんどが子供たちがプレーをしているその瞬間であった。

試しに強豪チームの試合をそのチームを率いる監督の隣で観戦し、どんな指示を出しているのか盗み聞きしてみた。すると、彼らは選手がプレーするタイミングでは、グランドに対して声を出していなかった。プレー中に声をかけていたのは、ベンチにいる選手たち。彼らに、いまのプレーの解説をして、何が重要なのかを説いていた。グランドにいる選手には、次にやるべきことを指示するだけだった。

そして一番重要だと感じたのは、試合の前に、誰が何をすべきなのか?監督として何を期待しているのか?11人のメンバーに対して、極めて簡単かつ明瞭に伝えていたことである。私よりも若干若いであろうその指揮官の、まだまだチームプレーもままならない低学年の児童たちへの指揮ぶりには、学ぶところが多かった。

マネジャーも同じで、局地戦に対して何かとアドバイスしたり、しゃしゃり出ていくのはお門違いだ。しっかりビジョンと目標を各自の行動にブレークダウンし、間違っていると思われる者には、次の動きをアドバイスするということだけができていれば良いのだ。
posted by 4430516 at 21:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

信頼をつなごうよ

ここのところ、同僚だった人たちからお仕事のお声がけをいただく機会も増えてきて、非常にありがたい反面、外部の業者をしっかりコントロールできない部分が目立ち、ちょっと悲しい思いをしている。そんな人を見ていると、「人と仕事をする」ということが、どういうことがしっかり教育されていないのではないかと思う。

確かに人付き合いも良いだろうし、一緒に仕事をしている分には良い人なのだろうが、ここにビジネスの取引が入るといけない。具体的にどうこうは書く必要もないけど、平気で信頼を失うやり方をする。カンタンに言えば、目先の自分の利益だけを追い、パートナーである業者をないがしろにする。多少なりとも大きな組織に守られているとそういう傾向が強いかもしれない。

信頼でつながり、信頼があるから助け合うことができ、価値を生み出していけるという、ビジネスのルールがよくわかっていないのかな。厳しく育ててくれる人がいなかったのかもしれない。いやいや、わかっていてやっているのかもしれないね。それなら、しょうがないや。
posted by 4430516 at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

サカナクションLIVE行きたい

こんなライブ記録を見ると、メチャ行きたくなる。中盤以降ちょっと鳥肌モノ。やっぱりベースがいいバンドはいいねぇ。ああ、はやく会社を落ち着かせて、楽器触りたい。
posted by 4430516 at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連鎖で考える

年末になると、その年の売れ筋だったものの総括が行われるが、雑誌記事などは、得てして連鎖的に考えると、だいたい合点がいくように書かれている。結果論とはいえ、次を予測する上では、重要な示唆であることは間違いない。たとえば‥

●1000円高速 その1
→渋滞→携帯トイレ→無料配布→必要性(安心確保)認識→需要増加
●1000円高速 その2
→ETC必要→アクセサリー感覚のおしゃれなETC
●1000円高速 その3
→1000円でいける場所は?最大限活かすには?→1000円ドライブ本
――――――――――――――――――――
●巣ごもり消費 その1<衣類>
→外ではお金をつかわないが、常にかわいい自分でいたい→ルームウェア(おしゃれ部屋着)
●巣ごもり消費 その2<食>
→外食しないがおいしいものを→ルクエ・スチームケース(調理器具)⇔クックパッドへのアクセス→素材を自分でつくる→プチ農作→小型耕運機→カセットガス利用
posted by 4430516 at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

Over capacity

Over capacity.jpg
初体験。どこかで火がついた?
posted by 4430516 at 16:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

新しいスキル設計の計画

仕事をしている中で、ふと、子供の頃作った落とし穴を思い出すことが多い。砂地に穴を掘り、水を貯めて、その上に木の枝を網の目に敷いて、葉っぱなどをかぶせて薄く土を盛るのだが、土を盛るときに丁寧かつ慎重におこうとすると、土はバラバラとしたに落ちてしまう。そこで、思い切ってどっさり土をかぶせてみると、意外とこれがうまくいく。穴の中に土は落ちているはずだが、その量は丁寧にやるときよりも少ない。もちろん、これもケースバイケースなので、あくまでも経験の話。

このように一気に行うことで、丁寧に行うよりも効率的であったり、目的が達成できる場合がある。なんらかの閾値を超えるということなんだろう。翻ってみるに、仕事中に落とし穴のことを考えているのは、閾値を超えるためにどうするか?ということをぼんやりと思っているときなのだ。しかもビジネスの数字というよりも、特に組織的な能力や人の能力における閾値であることが多い。

いま、会社を立ち上げて3Qも終わりになるので、ようやく手をつけたかったスキル設計に取り掛かっている。そこで、またこの落とし穴のことを思い出した。どんな人がいれば、目的に向かって組織は大きく動けるのだろうか?その人々の人格や意識、考え方、そしてスキルはどうあると理想的なのか?もちろん正しい予測はつかないことは百も承知だが、定義しておくのとそうでないのでは組織の基盤が違う。

個人的には、これまでリアル系のマーケティングとネット系のマーケティングの波に飲まれてきたが、次の波をつくる人材を育成したいと強く感じている。育成するためには、元手も必要になるのだが、会社組織である以上、そこも自分たちで稼ぎながらということをしたい。学校ではなく、ビジネスの現場を学校化するという思いがある。そうなるための閾値はどこにあるのか?年内に自分たちなりの解が出せるといいなと思っている。
posted by 4430516 at 17:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Free


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

  • 作者: クリス・アンダーソン
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/11/21
  • メディア: 単行本



amazonでのビジネス書ランキングで、なかなか「落ちない」本。事例も豊富で分かりやすいが、経済学の用語を理解していると、もっとよくわかる本だと思う。だが本質を捉えて自分たちのビジネスに応用するには、一読してふーん、そうか‥ではもったいない。freeにすることで、ターゲットにどんな価値を与え、それが次に何を生み出しているのか?再整理が必要だろう。
インターネット以前のプロモーション的には、サンプリングなど、その手のことは行ってきたわけで、そうった活動の意味づけとインターネット社内でのfreeな活動とのポジショニングも明確しておいたほうがいい。
自分たちのビジネスでも、実は意識していないでfreeにしているものは多い。それを、意識的・戦略的に捉えなおすことでも大きな価値があるように感じた。というわけで、少し整理したものを会社のほうのブログに上げておきたい。
posted by 4430516 at 16:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

プロジェクト管理ができない人たち

私もネット会社に転職するまでは、かなり「やわらかな」プロジェクト管理をしていたが、実際に大型のサイト構築とかシステム案件を手がけるとなると、プロジェクト管理は否が応でも身につく。もちろん、1回や2回の経験では、なかなか「身についた」とはいえないが、1年やれば充分なほど、仕事の質は向上するだろう。

ネット業界にいるにも関わらず、プロジェクト管理のできない人がいる。こういう人が、フロントに立ったり、ハブになったりすると得てしてプロジェクトは破綻する。こういう人は、プロジェクト管理の手法を学んでいるかどうか?よりも、うちの会社のメンバーに言わせれば「未来の動きを逃げずに予測して対処しようという意識が低い」のだ。

何よりもクライアントのために、先をみて考えようとする意識がない人は、プロジェクトを管理する資格はない。これを誰かに中途半端に任せたり、できもしないのに自分が受けてしまったりすることで被害は拡大する。これまで火を噴いた案件は、だいたいそんなことだったりする。

posted by 4430516 at 02:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桃太郎とまとカレー

とまとカレー.jpg
岡山出張で2つカレーを買い込んだ。まずは桃太郎とまとカレーを食す。レトルトで1袋500円のカレーだが、これはいけるなぁ。トマト風味が強く、カレーとハヤシとパスタソースの中間くらいで、ちょっと新しい感じもする。200kcalと低いのもいいかも。ゼリーとかプリンとか、桃太郎トマトブーム?高いけど、さすがにうまい。
posted by 4430516 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カレーメモリアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

ワークライフバランス

仕事がないとストレスがたまるのは、社会人になってからずっとだ。ワーカホリックなのかもしれないが、それが私にとってバランスの取れた生活なのだからしょうがない。妻に言わせれば、やりたくて仕事をしている人は極めて稀だそうだ。そんなものなのかな。

ワークライフバランスとはいうが、ワーク自身がライフになっている人は、そういうバランス感覚がよくわからない。仕事がなさそうなときとありすぎるときのバランスのとり方のほうに関心がある。それと、引退というか仕事において自分を必要とする人がいなくなったときの心のバランス。

人生も後半戦になっているのだろうから、そのあたりもちょっと気になっている今日この頃だが、「この人仕事がないと鬱になっちゃうんですよ」と、仲間たちにクライアントへ売られてしまう私もいかがなものか‥。
posted by 4430516 at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン