2010年02月28日

つぶやきは、萌芽したばかりの思考

多分、僕はみんなが使うようにTwitterをつかえていないのだと思う。リアルタイムのコミュニケーションツールとしては、どうも使いこなせない。まぁ、それはそれでいいと思っているのだが、どちらかといえば、その使い方は副次的なものかな。

Twitterの面白さは、その和訳された「つぶやく」にあると思う。あくまでも和訳なので、実際的な意味とは若干ずれはあるだろうが。僕は、つぶやくということばが意味するのは、「自己反省的な状態をことばにしたもの」ではないかと考える(ここでは、反省=反芻という意味です)。

何らかのきっかけ(刺激)より、私たちの意識に変化が訪れ、自分の中で「あ、そういうことか!」「ふーん、なるほどね」「あの時こうしておけば‥」「これ、すっげー!」というような、思いが湧き出たときに、“ふっ”とでたことば。それを切り取ったものが、つぶやきであり、「萌芽したばかりの思考」というような意味が近いような気がしている。

まぁそれを書くという時点で、書き言葉になってしまうわけだが、今度はそれを、できるだけ短く本質を突いた言葉で編集しなおすということで、よりいっそうシャープな輪郭が見えてくる。シャープにすればするほど、くだらないものかもしれないし、なにかすごい発見かもしれない。それは、つぶやく人の好き好きなので、どれが良いというものでもない。

そんな、つぶやきをみながら、また刺激を受けて、つぶやきたくなる‥という“めんどくさい間接的な関係を助けるツール”だと、面白いのにな。と思うのだが、なんだかみんな、フォローの数を競ってみたり、仲間うちだけの直接的なコミュニケーションツールになっていたり、人に知識を見せびらかすようなことにつかっていたり‥

なので、個人的には、僕に刺激を与えてくれるようなことばを、つぶやく人をフォローしたいのだが‥レコメンド的なツールもあるみたいなので、ちょっとがんばってフォローする人を探そうかな。もちろん「tudaる」行為や、企業でツイッターを使った改善活動をしている例もありますが、それはそれで素晴らしいと思う。そんなゴチャゴチャ感が、いま楽しいのかもしれないけどね。
posted by 4430516 at 12:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先輩から学んだ「判断」の仕方

そろそろ会社を立ち上げて最初の年が終わる。これまでとは違う意味で、濃厚な1年間だった感じているが、活動がすべて血肉になっていると感じられるのは幸せかもしれない。

最終判断はCEOに委ねつつも、基本的な戦略オプションを考えて行く中で、こんなとき、あの人はどのように考えたのだろう‥とか、あのときのあの判断は(良きにつけ悪しきにつけ)こんな局面に立たされていたからなんだ‥ということが、よく分かるようになってきた。頭では解っていたが、よりリアルに実感できるようになったということでしょう。

想定よりも独立するのが10年遅かった分、いろいろなタイプの上司と仕事をしてきたので、潜在的にオプションの作り方や判断基準の選択肢を多く持つようになってたのかも。中には、相性の悪い人もいましたが、ある部分のビジネスの判断では、学ばせていただいた方もいる。年下の人が上司になったときには、反面教師にさせてもらうことも多かったが、それも今ではいい糧になっている。

マネジャーは、判断がすべてなのでしょうが、その判断ひとつでもいろいろなタイプがあり、それをとりあえず自分の頭にインプット、記憶させておくのも、今後独立を考える人にとっては重要なことかもしれない。

当社のメンバーにも、そういった姿をいろいろなところで感じてもらえる場を用意しないといけないし、私の成長もここで終わりではないので、いろいろな人の知恵を社外に求めていく必要がある。決して長く生きていれば、良い判断ができるというものではないが、先人から学ぶものは大きい。
posted by 4430516 at 12:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

百貨店も行動分析を

日経ビジネスの百貨店特集は、内容的に読み応えがあり、量的にもちょうどよく、なかなかよい記事でした。

百貨店の原点回帰とは、顧客の生活にさらに寄り添うこと。そのビジネスモデルは「どんな服を買っていいかわからないお客さまに、1時間半ほどかけて、服の好みや着る場面だけでなく、普段の生活スタイルなどを聞き出す。その上で、百貨店やセレクトショップで顧客に似合いそうなものを買い集め、後日試着してもらって気に入ったものだけを購入してもらう」という、ライフブランディング(男性専門のファッションコーディネート代行サービス)という会社のビジネスに近いようです。

確かに。しかし、10万人(1日の来客数)に対してこのようなビジネスが成り立つか?10万人のうち、どのくらいの人がこのようなサービスを望んでいるか?と疑問を投げかけています。

私としては、せっかく10万人も来場が見込めるのなら、なぜコンバージョンしないのか?なぜ、クロスセルできないのか?アップセルできないのか?リピートにつなげられないのか?そもそも、店舗に10万人は何しにしきているのか?店舗に来る前はどこにいたのか?店舗にきてから、どこに行ったのか?といった、ECサイトの分析手法をリアル店舗でやってみたらどうだろうと思うのです。

サイトの解析手法が、実はリアルでも役立つような気がしてなりません。コストはそれなりにかかりますが、店舗戦略を考える上では重要なファクトとなるでしょう。これまでのようなクラスター分析だけで、何かサービスを改善したりするのは、限界があります。ネットのアクセスログ解析などで培われている「行動をとらえる」というアイデアを、採り入れたらどうでしょう。

サイト内検索は、インフォメーションカウンターへの問い合わせでしょうし、実は黄金導線がどこかに眠っているとか、機能別に商品をみられるようにすると買う人が増えたとか、離脱ポイントは正面玄関脇の靴屋だったとか‥なんだか楽しそうですよ。
posted by 4430516 at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ゼネラリストって、いらなくね?

ちょっとtwしたけど、プランナーとかマネジャー、コンサルタントとかいう職種を表すことばに、いろいろな概念や解釈をしたがる場合があります。要は、人によってあいまいなことばの意味を拡大解釈するような人たちがいます。私の(少ない)経験ではそういう人は、プランナーとかマネジャーなどのことばを使って、自分を大きく見せようという人たちが多く、それに釣られておいたほうが場が和やかになる場合もありますので、私たちはちょっとことばの定義に解釈を抱いても、あまり異論をとなえません。

プランナーやマネジャーは、どんな解釈をされようとも、そういった「人」の呼称は、何らかの「専門職」をさすのだと私は定義しています。もっともその専門性を定義するのは、かなり大変になると思いますが。「専門職」の対になることばとして、「総合職」というのがあるみたいですね。カタカナ英語で書けば、専門職=スペシャリスト、総合職=ゼネラリストというのが一般的かもしれません。この総合職というのは、何なんだろう?FFSのフレームを使い、私流に乱暴に言えば、リーダーシップやタグボートやアンカーのようなタイプではない、日本人の半数いるといわれる管理・調整型の人の安住の場ではないかと思います。

つまり、何か明確なビジョンを打ち出して人を引っ張っているのではなく、また難易度の高いものを垂直立ち上げしたり、決められたことを間違いなく淡々と進めることが苦手な人たちの「専門職」を意味するのが、ゼネラリストつまり総合職なのではないかと。なので、専門職と総合職は対ではなく、総合職は専門職の下位階層に位置づけられるのではないかと。かといって、プランナー、マネジャー、コンサルタント、ゼネラリストと単純に並べられるかというと、まだまだ考えないといけませんが。

一般的に、ゼネラリストは視野が広く、いろいろなことを経験して、経営者予備軍になるというイメージがありますが、実際のところそうなのかな?実は、(人によるところも大きいですが)もっとも視野が狭くて、もっとも無難な人たちで、大きなイノベーションを起こせない人たちなのではないかと思ったりします。なので、私としてはゼネラリストを目指したり、そういう職種の定義があるのは、どうもしっくりこないんです。というわけで、うちの会社は、全員専門職にしたいと思います(もっと正確に言えば、自律的専門職です)。

この「自律的」というあたりが、極めて重要なんですよね。「自律的」ということばをめぐる議論や概念を拡張することは、決して無駄ではないでしょうね。
posted by 4430516 at 10:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンセプチャルな視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト


「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)

  • 作者: 酒井穣
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/01/16
  • メディア: 新書



もしかしたら、タイトルにちょっと偽りはあるかもしれない。また、どこかの人材教育にすぐれた会社の取材記事を期待してしまう人もいるかもしれないが、この作者の会社の紹介になっているので要注意。でも、この作者はわかりにくいことを、毎回わかりやすく書いてくれる。人材教育に関心があったり、人材育成の学術的な内容を理解している人なら、後半は読まなくても良いかも。頭を整理してくれる前半1/3は、ぜひ読んでおきたい。
posted by 4430516 at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無印良品4コマメモ

muji4koma.jpg
無印の4コマメモ帳。パワーポイントのストーリーを電車の中で考えるときなど、つかるかな?と思って買ってみた。書きたくさせる感じが良いね。次の定例会の資料を作成する際に、ちょっと試してみよう。表紙だけちょっとデザインしてもらるともっといいのだが‥。無印の6角形のペンもいいかもとおもって、あわせて数本購入。
posted by 4430516 at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 触発する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

人を育てるのが私たちの経営

東京駅でアートディレクターと飲む。品質の高さもさることながら、私はこの人の仕事の姿勢が好きだ。そんなこともあって、なんだか酔った勢いで、自分たちが経営している会社のビジョンについて、べらべらしゃべってしまった。迷惑でなかったかちょっと心配しているが、話をしていて、自分の目指していくべき方向性が、また少しずつ明らかになった気がした。

人を育てるというのが、私たちのようなビジネスをやっている経営者の基本ではないかと思う。もう少し正確にいえば人を育てる場をつくることだろう。儲ける場をつくり、そこにお金と労働力という資本を投入して、効率化をはかって儲けた金を株主に分配する(労働者にも分配するという言い方をする経営者も多いが)のではないと、強く思う。

大資本が、自社サービスをはかるためにそういうことをするが、それが良い悪いという議論はここではしない。というか、そこまでまだ深く考えていない。あくまでも、私たちのような受託型・創造型・支援型のビジネスの場合は、そうではないかということはハッキリいえる。しかし、それは嘘だよ、無理だよというところを少しでも思っている人とは、やはり私は信じあえないのだ。

信じあえないということは、結局コミットメントできず、ビジネスパートナーとしては長続きしない。もちろん、案件ベースのお付き合いは、しっかりしますが。そういうハートをもった人たちと会社をつくれたのは、とても良かったのではないかと思う。儲けはいずれ後からついてくると信じているから。
posted by 4430516 at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

プランニング力向上のポイントは‥

ある事象やモノなどをカテゴリー分けすることを常に行っているか?ということも1つある。モノの分類については、学術的な視点や業界的な視点で、ある程度区分けされている。それを拝借すれば基本的にはさほど難しいものではない。ただ、何らかのイノベーションがおこったとき、これまでのカテゴリーでは分けきれないものが出てくる。そのときに、新しいカテゴリーを加えれば済むのか、全体を改修するのか‥というところは難しいが。

日々トレーニングしなければならないと思っているのは、事象のカテゴリーである。特にマーケティングでは、人の行動、人の心や思い、人格、地域性‥など、人の行為、行動、活動に関わる分類が重要になってくる。さらにアイデア抽出の方法論や表現スタイルなど、多岐にわたる。これらは、すべて「フレームワーク」というものになり、プランナーのノウハウの塊であり、このフレームワークの抽出活動こそが、プランナーの血や肉になる(頭の固い人は、フレームワークというとSWOTとか××分析とか思い出すが、それはone of themでしかない)。

ただ、これは面倒だ。面倒な作業をどれだけ真摯に取り組めるか、逃げずに解を出し続けられるか?という気質を持った人でないと、プロフェッショナルとしては成功しないだろう。逆に言えば、事象と向き合う気質がある人は、トレーニング次第で充分プロになれるはずだ。
posted by 4430516 at 08:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン