2010年10月11日

実社会と同じでは、おもしろくない

最近人名検索をすると、上位はTwitterとかfacebookばかり。つい最近までは考えられなかった現象だなと思いつつ、便利なのは各人のサイトに飛ぶと、ご丁寧にいろいろなプロフィールが書いてあること。私はビジネス関係の人をみることが多いので、所属会社名、肩書き、仕事の経歴とかとか‥あまり知らない人の情報源にもなったりして、それはそれでありがたい。

さて、そういう肩書きを読むと、孫さんとか三木谷さんよろしく、なんかエライさんが多い。そして、そういう人は同じような人をフォローしているような気がする。自分や自社のマーケティング活動のためのネットワーク強化活動のひとつだろうか。しかし、内容は結構、個人的なことが多い。孫さんや三木谷さんほど、ビジネス活動に使いこなしているわけではない。

個人的には、そういう人はちょっと痛いなぁ‥と(今のところ)思っている(自分がいつそうなるかわからないから)。そもそも、自身の肩書きや経歴って、ソーシャルメディアの世界ではどのくらい重要なのだろうか?ということを考えてみると何か手がかりがありそう。

ソーシャルマーケティング的に言えば、知人、専門家、有名人という3本柱が、信頼される「個人」である。ここで問題なのは、専門家ではない癖に妙に専門家ぶる(単に会社の役職についているだけなのに、専門家のようなふりをする)ような人たちではないか?そして、結果としてその情報は、ソーシャルメディアの中ではノイズになるのではないか?

と、思ったりもする。もちろん発信する内容とのバランスによって議論されるべきものだろうが、専門家たちには、肩書きよりも何よりも、私はもっとコンテンツ側から人に会いたいなと思う。インターネットはそういう想いを実現できるものかと思っていたが、実社会のつながりだけのソーシャルっていうのは、おもしろくないね。

いろいろな分野の骨のある専門家に会える(もちろん有名人は抜きにして)というような状況には、まだ時間がかかるのだろうな。



posted by 4430516 at 20:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンセプチャルな視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

営業さんのTwitter

toB関係で会社にも、なんらかの営業さんから売り込みがある。関心の商材であったり、過去に資料請求をしているものであれば、お会いすることになるが、その前にその営業さんの名前でいろいろ検索してみると、結構な割合でTwitterやblogを開いていたりする。

それを拝見すると、なんとなくその人のレベル感がわかってしまい、会うのが億劫になったり、キャンセルしたくなることが多々ある。ソーシャルメディア黎明期に、仕事とプライベートを切り分けてうまくコミュニケーションするなんて難しいのかもしれないが、明らかに損していることもあるはずだ。

ビジネスとプライベートをしっかり切り分けられないのなら、実名で登録することも考えものだろうし、友達の紹介レコメンド機能によって、知られたくない人にも知られてしまうということも起こりうる。ネガなことや後ろ指を差されるようなことは書かないようにしないと‥自戒もこめて。
posted by 4430516 at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステッドラーテキストサーファー ゲル

ステッドラー_ゲル.jpg

最近のインクもの(蛍光)は、ステッドラーをお気に入りとして使っている。ピンクの色が非常に好きだし、マーカーは滑らかだ。同じシリーズのゲルを最近使い始めたが、このクレヨンのような書き味にはまってしまった。打ち合わせ中のポイント説明や本のマーキングにも使える。→こちらのサイトで詳しいレポートあり
posted by 4430516 at 19:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プランニング用の新しいノート

CROQUIS.jpg

新しいノートといっても、クロッキーですが。B4、A3サイズでの大判のノートを探すと、なるとなかなかないので、とりあえず伊東屋で購入。それと、プランニングセレクションのノートタイプを新たにトライアルとして使ってみる。重要な骨子、システムチャートを一気に書くには、大きめのデスクと大き目の紙。私にはこれが必須。

なので、いまのオフィスでは、狭い事務スペースで、主にパソコンを使った作業。広いオープンスペースでは、こんな大きな紙を広げて絵を描く。このバランスがとれるオフィスというのは、プランナーにとって、とても貴重だ。そして、それを全員が活かしきれないというのも、ちょっと問題。iPhoneやパソコンから離れて、集中して考える時間をつくらないと。
posted by 4430516 at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 触発する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若者マーケティングの本質

「ウォークマンがiPod抜いた理由 中高生ら若者に支持される? 」という記事のコメント欄に、こんなことが書かれていた。

「自分しか持っていなくて、みんなと違っていて、かつ、みんなと同じ事ができる。」これが、若年層に訴える理由になるんですよ。

なるほど。本質を突いているかもしれない。
posted by 4430516 at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン