2012年12月31日

レスポンシブWebデザインの良書に出会う



年末に良い本に出会えた。
レスポンシブデザインの本質が丁寧に捉えられている。
わかりやすさは本物の証拠です。

この本を読んで、改めて驚いたのは
これまでやってきたことが、レスポンシブデザインの世界で
一挙にまとまってしまったということだ。

しかし、私はコンテンツ至上主義というわけではない。
コンテンツをつくるストラテジックが最も重要であり、
さらにその下支えとなる統計・解析技術、これらが一本につながって
はじめて施策が生まれる。

以前、Webの会社にいた時は、ストラテジーかテクノロジーかを
選択するような風土があったが、どちらも大事だ。
ただ、自分がどちらでとことんプロになるかと言われれば
ストラテジーだろう。いまの会社もストラテジーをつくるのが専門だ。

「Analyst 兼 Strategist 兼 Content&IA planner」と
いう人材を育てることを目的に自分の会社を持ったわけだが
あながち間違ってなかったのではないかと再認識できた気がする。
posted by 4430516 at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

年末年始、自分をしごく

怒涛の1年がいつの間にか終わった。起業して今までで一番早かった気がする。
でも、残念なことに自らが「学んだ!」感のある手ごたえが少なかった。
これは、相当まずいなぁ‥と思っている。

自らのノウハウを出して稼ぐのは良いのだが、それを何年も続ければ
ノウハウなんて枯渇するもの。やはり常に学び、
新しい知見を貯めていかなければ、プランナーとしては二流だ。
学びの体験がなければ、成長もしておらず、クライアントからも相手にされない。

ところで、学びはどこで得られるのだろう?私は案件でしかないと思っている。
本、サイト、セミナー、SNS‥などいろいろあるだろうが
生きた、使える「学び」の材料は、やはり案件から得られるものだ。
クライアントの独自ニーズ、世相を反映したRFPなど、
課題はやはり生の情報にあり、それを解決していく技術を
考えて考え抜いて習得することが真のノウハウになる。

これを人任せにするのは、コンサルティング会社のメンバーとしては死を意味する。
まぁクリスマスケーキも食べたし、年賀状も書いたり、家族と遊んだするけど
年明けからすぐに動けるよう、日々のビジネス意識は崩さず、
インプットとアウトプットを行う。そんな危機感を持って、年末年始を過ごしている。
posted by 4430516 at 16:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

小林靖子さん「進撃の巨人」やるの?

仮面ライダー電王、オーズなどでファンになった
特撮系脚本家の小林靖子さんが「進撃の巨人」とは!

なかなか、面白そう。
原作ではなんだかんだ言われた、絵がねー
格段に良くなっていて、期待できそう。

posted by 4430516 at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芝居とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お別れ感のないSNS

最近、以前勤めていた会社の同僚や
クライアントの担当者などからの転職の御挨拶などが
facebookのメッセージでやってくる。

転職してもSNSでつながっているわけなので、
なんらかの投稿をしている限り、いま元気そうかどうかとか
何に関心がありそうなのか‥なんてことはつかめる。

SNS以前のような「お別れ感」がなくなってしまった。
だから逆に、人に会ってお別れを言うというのが、
ひとつのけじめとして重要なんだろうなと思う。

まぁ、もちろんわざわざ会わなくてもいいや〜
という人もいるだろうが、先日はわざわざオフィスに
御礼を言いに立ち寄っていただいた方もいて
逆にとてもありがたかった。

SNSが当たり前の学生さんたちは、社会人になったら
学生の頃の仲間とどのような使い方をするのだろうか?
人の出会いと別れにおけるSNS。ちょっと興味がそそられる課題だ。


posted by 4430516 at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン