2013年03月23日

大手かベンチャーか

今月から2014年3月卒業の新卒学生を主な対象とした体験セミナーをはじめた。
最近「試職」みたいなキーワードがはやっているようで
私たちの会社も、リクルート社さん経由で、NHKさんから取材の申し込みがあったのだが
体験させる内容が、私たちのクライアントさんの話も多く含まれていることもあり
TV撮影はお断りさせていただいた。

この体験セミナーなどでは、毎年学生から質問とも悩みともとれる
「大手とベンチャーどちらにしようか迷っているんですが‥」という発言が聞かれる。
私たちのような小さな会社の体験セミナーにも来られるのだがら
ベンチャー企業にアレルギーはないものの、大手企業との縁もあるようで、迷っているらしい。

すでに彼らは
・大手企業=大プロジェクトに関われる、人脈が広がる、安定している、転職チャンスもある
・ベンチャー=早くから責任をもった仕事ができる、成長できる、成果報酬が期待できる
みたいな、固定概念をもってしまっている。

それって、結局「大手企業」や「ベンチャー企業」が自分の会社のアピール内容を
そのまま鵜呑みにしているだけにすぎないのではないだろうか?

大企業だって安定していないし、ベンチャーだって成長は期待できないだろうけど
学生は、企業のことがわからないから「なんとなしの規模感(売上や社員数や歴史)」で
幾多の企業のなかから、就職先を合理的に探そうとしているだけなのかもしれない。

大手もいずれはなくなるだろうし、ベンチャーも急拡大しないところがほとんど。
大手とかベンチャーとか、つまらない判断基準で自分の一生を考える前に、
・将来どうなりたいのか?
・どんな仕事がしたいのか?
・自分の個性にはどんな仕事があっているのか?
を見つけることが重要なんだろうね。
リクナビでやたらめったらエントリーせず、まずそれを書き出したらいい。
企業に対しては、その内容にマッチしているかどうかについて
質問をしたほうが良いと思うな。

そのうえで、つまり同じような仕事をするのであれば
大手か、中小か、ベンチャーかを考えるのは意味があるかもしれない。
posted by 4430516 at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン