2014年04月27日

静かな13回忌の裏で

ごく身内だけで祖母の13回忌の法要を執り行った。13回忌というのは、「亡くなってから、だいぶ経ってしまった」という意味でおこなうらしい。法要後、円卓を囲みながら、いくつかの家族が食事をするが、確かに個人の話題も尽きていて、その他にもみんな共通の話題で話をするのはなかなか難しい。

考えてみれば、僕は親や弟妹と一緒に過ごしたのは19歳くらいまで。妹はその時11歳なわけで、まぁ、おむつを替えてあげたりして一緒に暮らしたとはいえ、たかだか10年くらいしか生活していないのだ。それでも、みんなと会っていると、少しはホッとするというのは、有無を言わさない関係性の強さなのかもしれない。いや、話材がないわけではなく、あんまりみんなのことを根掘り葉掘り聞かなくても、一族なんだし、いいんじゃない‥という気持ちもあるのだろうな。少なくとも僕はある。

そういえば、僕の子供も、19歳まであと2~3年くらいなわけで、もうすぐ外に出ていくのだろうか‥と考えると、人生のサイクルは1回転してしまったような気がして、だいぶ年を取った気分。とはいえ、自分が19歳の時の親の年齢も、いまの私と同じくらいなのだろうから、そのころの親は何を考えて生きていたのだろうか‥なんて思ってみたり‥13回忌って、先祖が改めて家族どうしを考える機会を与えているような気もするわけです。
posted by 4430516 at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚20周年を迎えてグタグタ記す

結婚20周年記念に1週間ほど会社から休みをいただいて、家族でフランスに出かけた。子供は今後、自分で行くのではないかと想定される英語圏を除き、そしていろいろな美術品をみせたいという嫁の想いもあり、そのエリアになったわけ。

まぁ、駆け足のツアー旅行だったし、別に誰でもする体験をしてきただけなので、ことさら人様に話すほどのない旅。ホテルの部屋の屋根が落ちてきたトラブルに巻き込まれた旅。多くの中国人に眉をひそめながら観光した旅。エコノミーの乗継ぎで、疲れた旅。ホテルで明け方仕事のメール打ってたりするわけで、気の休まらない旅。明日の日程を気にして、高いワインを開けるなんてこともしない、20周年の旅‥だった。

で、帰ってきてすぐ仕事。そして、嫁はソファでグーグーいびきをかいて寝ている。あれ?旅行行ってきたのだろうか?なんて思う日常にすぐに溶け込んでしまったが、まぁ、それが僕らの結婚生活なのかもしれない。この日常は多分失った時にとても重要だったと思うくらい、いまは何もわからないのだろうが、きっと2人で年を重ねてきた重みがある。

とはいえ、嫁曰く「所詮、夫婦は赤の他人」。確かに、血のつながった子どもと違い、結婚相手を全くの手放しで愛せはしないのだろう。そして、過去の積み重ねに甘えるという関係は、お互いにとって良いものではない。日々関係を確かめ合い、お互いの必要性を感じられないと長続きしないのかもしれない。旅行もそのひとつだったのかもしれないけど、ちょっと喧嘩しちゃったなぁ‥なんて反省したり、その喧嘩も価値観の違いを確かめ合ったり、反証する機会だったり‥するのだろうか。グダグダ書いてみた。
posted by 4430516 at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

二極化の議論で熱くなるのもどうかと。

ネットの中の議論は、気持ち悪いなぁと思う。担任を持つ教員が、務めている学校の入学式を休んで自分の子供の入学式に出たということで、休むべきか否かという議論を、イケダハヤトあたりが焚き付けているけれど、そんな二極化の議論はやめたほうがいい。埼玉新聞が売れるようにするために(文句をいった議員の記事広告かもしれないけど)、どうせ大げさに書いた記事なんだろうし、そんなのに熱くなってもしょうがない。

結局、調整すれば済んだことではないだろうか。休むのであれば、当日は代理の先生を立てて「今日は、担任の●●先生はご自宅の急な事情でお休みをいただくことになりました。明日から出てこられますので‥」みたいなことにすればよく、それを怠ったのか、わざと「●●先生は、ご自分のお子さんのために学校休んだんだ」みたいなこと吹聴する輩がいたのか。ま、誰かココゾとばかりに仕掛けたキャンペーンでしょう。

まぁ、休みの理由を公言してしまう人が、今回最も弾劾されるべきだと思うけどな。
posted by 4430516 at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン