2014年06月29日

「中小企業の人」「大企業の人」

中小企業で外部に支援を求める人は、事例を欲しがる。自分でいろいろ考えられる裁量も決裁権もあるのに、外部に支援を求めるというのだから、結局「他の真似をする」ことが良いことだということだろう。一方、大企業で外部に支援を求める人は、経験のある人と一緒に考えたいというオーダーが多い。考える予算はあるのだし、目的はある。何より、他社を出し抜いて、新しいことをやりたいという意欲も高い。

僕らは、こういった大企業の人と仕事をするのが好きだ。事例で飯を食うのは、飽き飽きするし、刺激がない。面倒でも、きつくても、新しいことや明確な目的をもっている人と仕事をするのは単純に楽しい。ただ、面倒なのは大企業の人にも、充分に中小企業の「クレクレ」気質を持った人がいるということだ。

お金もっているのに、自分のビジョンがないんだな。上司の顔色伺いばかり。目的もコロコロ変わる。まぁ、こういう人に付き合うのも仕事だけど、本当に辟易してしまう。
posted by 4430516 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

年とってやらなければならないこと

先輩プランナーがやらなければならないことのひとつとして、いま何に注目すべきかをまわりに(主に年下のプランナーに)提示することがある。クライアントを満足させるためのヒントだったり、新しい企画を立てるためのヒントだったり、もうひと回り成長するためのハックだったりするわけだが、自分が忙しくなると結構これを怠る。怠るのは、インプットがないからだ。それで、スマホとかにインプットを求めようとすると、これはかなり間違いなんだよな‥と最近、またしみじみ感じる。

スマホのニュースとか、ブログ情報って、楽しいんだけど、読んだ割には結構当たり前のことが多く、ひと言でいえば浅い。だから、2CHまとめとFacebookなどで、フォローしている人の情報、それと気になるブログまとめをざっと読んでおけば良くて、やはり深い思考をするための記事を読むことが必要だ。「深い思考」を日々トレーニングしておかないと、本当にいざと言う時の瞬発力が弱まる。

プロジェクトの調整とか、問題解決ツリーをつくったり、データを抽出したり、ワイヤーフレームを書いたりするのも確かに頭は使うけど、深い思考とは言えない。本来的に、仕事上の「深い思考」って、コンセプトを徹底的に考える時以外にはないように思う。それを早くからトレーニングしないといけないな。来年の新卒君からは、そんなプログラムを早いうちから考えておこう。
posted by 4430516 at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

仕事ごとの空間づくり

5年間いたインキュベーションオフィスから、ビルの1フロアを借りて事務所を移転させてから1カ月過ぎた。いままで仕事中に太陽光や外の風にあたったことが、ほとんどなかったので、だいぶ快適になったと思う。1カ月でようやく事務所っぽくなってきたが、最近仕事をするときに、いくつかの空間をどう使いこなすか?が大事かなと思うようになってきた。

●各種調整、営業作業など
 →自分のデスク

●議論して、アイデアをまとめたりする生産作業
 →ホワイトボードのあるところ、喫茶店、移動中の電車など

●情報をインプットする作業
 →移動中の電車や風呂などだが、事務所にも必要かもしれない。

そんなわけで、情報をインプットする場所をなんかうまく考えられないかな‥やはりロースタイルで、多少リラックスできるような感じなんだろうな‥お金とさらにスペースがあれば造りたいものはいろいろあるけど、現在やれる範囲でどうできるだろうか。虎ノ門ヒルズのADKの新事務所をみると、お金かかっていて確かにうらやましいけど‥あれは討議用のスペースだな。

個人的には、インプットする場合のスペースはリラックスでき、かつ狭いところがいいと思う。眉のようなスペースが欲しい。次に引っ越す機会を得られたら、そんなベースがたくさんあるといいなと思うが、別に社内になくてもいいんだよね。外部にいろいろな自分の居場所を持つことが重要なんだろうと思う。本当は、巨大本屋がすぐ近くにあって、横に川が流れているような静かなデッキとかがあると最高なんだが。まずは、稼ぎましょう。
posted by 4430516 at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン