2015年04月21日

提案の意味

「提案」をあらためて考えてみる。「提」(さげる)は、「手提げ」「提灯」などに使われるように、「手で持って、ぶら下げて、付帯して」という意味があるらしい。それに「案」が付くのだから、案(計画、予想)を企画書にして持っていくといういつもの仕事であることはしっくりくる。しかし、ここで単に持っていくだけであれば、「提示(しめす)」「提供(さしだす)」でいいのではないか?

「案」には、予測・予想という意味が含まれる。「身を案じる」などというように、先々のことを考えて心配するという意味もある。我々が注目しなければいけないのは、この「先の」というニュアンスである。生活者やクライアントが何か欲しているから、それを差し出すのは提供でしかない。提案は、生活者やクライアントが欲している理由(意図)を理解して、その意図に沿い、彼らが気づいていなかったモノやコトを提供することに他ならない。

生活者やクライアントが言っていること、「具体的に」欲していること、そのものを提示するのは我々プランナーの仕事ではない事が多い。だから彼らの言うことを鵜呑みにせず、その発話やアンケートデータに隠された内容からその裏に隠された解を見つけ出すことが我々の役割である。きちんと提案するということは、それだけ大変なのだ。あたりハズレもあるから、提案には前もってお金を払わない人も多い。だから、いまこそブランド力が必要になるのだと思う。ただ、ブランドを信じていただいた方に、一度でも失敗するとその次はない。毎日が真剣勝負になる。
posted by 4430516 at 09:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

「あるべき」を求める人は疲れる。

仕事をしていて面倒だなと思うタイプの人は、
「あるべき」を「クレクレ」する人。
「あるべき」なんて、どこかにあるわけではなく
「ありたい」があって、はじめて「あるべき」が生まれるのに。

とはいえ、そういう人はこう反論するだろうな。
「あるべき」をみて、自分の「ありたい」を考えるのだ、と。

それは、「事例クレクレ」と一緒なんだよな。
コンサルティングのフレームワークをつくるのならいざ知らず
事例なんか集めたって、糞の役にも立たないのに事例を欲しがる。

んで、事例を集めてあげると、
これでは自分のやりたいことが見つからないという。
まぁ、事例を見せながら、あたかも自分が考えたように
こちらで船頭をとっていくのが、僕らの力の見せどころだけれど
それを直接クライアントでもない人にやるのも、疲れる話。

この業界では誰もが経験する嫌な側面ではありますが
まぁ、それもひとつの成長の糧と考えれば
自ずと次が見えてくるものでしょうね。
posted by 4430516 at 06:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

ベイトソンを再読したくなった





IoTの時代になり、パソコンやスマホなどのデバイスの画面デザインから、より自らの視覚や聴覚の延長上のデバイスのデザインが重要になるが、そのあたりの議論をベイトソンをベースにしてまとめている本。大学院時代に必死に読んだベイトソンをもう一度じっくり読み返そう。そして、月に1回でいいので、こういう議論ができる人や場が欲しい。自ら出かけよう!
posted by 4430516 at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本とか雑誌とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いわゆる戦略立案の仕事が変わってきたなぁと思う今日この頃

本当に新しい期の開始ギリギリで、期待できる新卒の入社が確定し、研修の資料を慌てて作成している。私は戦略立案部分の担当だが、新卒に戦略の細かな話をしてもなかなか理解してもらえないので、毎回本質的な話をしている。

最初にWebサイト戦略とか、Webマーケティング戦略とか‥の資料を見せてあげようと思ったのだが、そういえば‥そういう「Web戦略」みたいな仕事って、ここ2年近くやっていないのではないか??と気づいた。もう、Webじゃないんだよねー。「戦略策定」とか重そうなことはやらないんだよねー。なーんて、そんな大きな仕事がとれていないというやせ我慢の発言と取られても致し方ないのですが、でもそういう仕事は正直飽きた。

実際、やっていることはこれまでと変わらないのだけど、書く紙がはるかにシャープになってきている。結局、書く紙は「現状診断→基本コンセプト→行動計画」だから、すなわち戦略なのだが、そこに時間はかけず、もっと具体案と効果測定に重きを置き始めている。戦略の紙をかけることは、かなり価値はあるが、それはできるだけスピーディに、ドラフトをつくれることが重要で、より大事なのは後者だ。

僕らは、ここを目指す。5年後にその分野でNO.1になろうと思う。
posted by 4430516 at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン