2015年08月30日

ベンチャーに大企業のスタッフを送り込むことがWin-Winになるのかな?

ある人に呼ばれて、無料セミナーを聴講しに行った。内容は‥
●大企業が新規事業を始めるには、ベンチャーに投資するのが良い。
●ベンチャーはネットを活用したところがメインになるだろうが、産業単位でよく研究しろ。
●ベンチャーに投資しても、役員ではなく部長クラスなどのレイヤーでスタッフを送り込め。
●ベンチャーのスタッフは問題発見、解決のPDCAマネジメントができないので、そこをやらせろ。
●ベンチャーも成長し、送り込んだスタッフも成長し、事業も上手くいく。
‥という話だった。100社以上の立ち上げに関わられた方と言う話だったので、説得力はあるのだろうが、ベンチャーに後ろ盾もなく、裸一貫で飛び込んだ私からすると、やはり後ろ盾がある(ダメだったら帰れるところがある)人は信用できないな。会社が倒産する時には、もしくは何か問題が起こったら大手企業に逃げちゃうんでしょ?そんな人と腹くくれるかなぁ‥なんて思ったりする。

私が以前いた会社でも、位の高い人が招聘されて(大企業出身者)転職してきていたけど、なんか問題あったら別の企業に紹介されて行ってしまったもんな。会社は、営業的な人脈があると思って採用していたけど、逆に言えば逃げ場はいくらでもあるわけだから。特に、それ自体は悪いと思っていないけど、最後の最後にこの人は保険があっていいなぁ‥と思いながら仕事をするのはなんかやるせなくなる。ビジネスとして割り切ればいいのだろうが、そうもいかない人もいるわけで。でも、これが現実かな。なんだかちょっと違和感のある講演でした。
posted by 4430516 at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

「パクリエイター」は、組織的な問題?

デザイナー佐野研二郎さんの問題は、組織的な問題だという橘川さんのエントリーに共感するなぁ。

僕は、電博の社員だったことはないので、よくわからないけど、周辺に(会社であまり雇う意味がなくなった?)自社クリエーターを独立させて、スター化させ、付加価値を付けて制作料をく取るというのは、ひとつのビジネス手段としてはありますよね。独立した人は、しばらく電博の営業から仕事は来るだろうから、その間に実績をつくり、独立採算が得られるようにする(上手な自然退社型の)仕組みなのかな‥なんて思っていたのですが、そのあたり詳しい人がいたら教えてください。そんな仕組みで、仕事がさばけない(マネジメントできない)状況になると、佐野氏みたいな問題になってしまうのだろうか‥なーんて、某喫茶店で妄想している日曜日の夕方であります。

オリンピックのエンブレムは、早く見直したほうが良いのでは‥と思うのは僕だけではないはず。サントリーの商品ですら「ニセモノ」感を感じてしまうのに、日本そのものにも「ニセモノ」感を感じてしまう。しかも、あと5年もこれを見なければならないのに、、、選定する際に「この人は大丈夫」という風に、代理店上がり&佐野氏つながりの審査委員がOK出しているから、最初のアラートは上がらなかったものの、こういうネガな問題が出た場合の見直しシステムは、ちゃんと作っておいて、しかるべき時に機能させないといけない。選んだ人の顔に泥を塗るかもしれないが、国民のコンセンサスは得られるのではないんでしょうかね。
posted by 4430516 at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やはり、体を動かさないと。

僕は、考えすぎる癖があるせいか、本当に余計なことまで考え、妄想する。情報が拡散できる状況にあるとき、例えば昼間の仕事の現場などであれば、それはうまく機能するのだが、休みなどにダラダラ寝ているとたいていろくなことしか考えていない。考えるというより、寝なくてもいいのに昼寝し、ネガティブなことを妄想してしまい、挙句の果てには夢までみてしまったり、やらなくてもよい仕事をやったつもりになってしまう。

キャンプ場などで、ダラダラしているならまだしも、自宅のベットでそんなことをしていると、本当にろくなことはない。なので、走る。まずは、頭をからっぽにする必要がある。最近はジョギングをしているが、膝の痛みが治ったら自転車もはじめよう。そして水泳もやり直そう‥と、トライアスロンをするつもりはないが、頭をからっぽにして、体を動かすとかなりポジティブになるし、アイデアもいろいろでてくる。

やはり、どんどん動かないといけない。基本がぶれなければ、動くことが次につながる。いまやっている仕事においては、留まることで良いことは何もない。
posted by 4430516 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

バブル入社組は、会社にしがみつく?

バブル入社組(1965〜1970年生まれ)の今後の働く方として、何か面白い記事になっているのかなと期待して、最新号の日経ビジネスを読んでみたものの、いまひとつ実感がわからなかった。もとより大企業に就職した人の話だろうから、最初からずっと中小にいる僕なんかにはよくわからないんだろうな。しかし、ずっと会社にしがみついていたいという割合が多かったのは驚いた。

バブル入社組で、会社に裏切られた(出世できない、昇給がない、仕事内容が期待と異なる)と思う人の比率=約60%。そのうち今後どうしたいか?という人で、当面は所属企業で働きたい=約50%、定年まで所属企業で=26%、定年後もいまの企業で=23%という数字。結構しがみつきますなぁ。

まぁ、残りの40%は「裏切られていない」のだから、そういう人は主軸にいるか、転職も楽にできるんでしょうね。ちなみに、バブル入社組を1965〜1970年生まれとしているが、これはちょっと違うな。1969年生まれで浪人せずに会社に入った人は、もうバブルははじけてたよ。
posted by 4430516 at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旧型ロボットとうまく付き合う方法はあるのか?

ロボットというと、どうも「決められたことしかできない」という旧型のイメージが大きいが、ソフトバンク社のPepperのような人口知能のクラウド化が進むと、かなりその印象は変わる。言われなくても、学習したことをどんどんトライアルして、さらに学習していくなんて、言われたことしかできない旧型のロボットのような(出来の悪い)スタッフよりも、よっぽど魅力的だ‥なんて、考えるのは不謹慎だろうか?

ここ2年くらい、旧型ロボットのような人と付き合ってみて、やっぱり学習しない人、応用のきかない人は、他の何よりも劣るのではないかと実感した。学べない人には、何も言いたくなくなるのだ。いろいろな角度で、トライアルさせて、何が一番効くのかやらせてみても、どうにも変われない人はもう、どうしようもないなぁ‥。出来ない人は、自分がなぜ出来ないのかわからないというが、まぁ確かにそうだな。

旧型ロボットには、やはりそれなりの仕事と給与でしか応えられない‥なんて当たり前の答えを、2年もかけてダラダラ出していたら、経営者失格だなぁ。大いに反省している日々。でも、それだけ何かが起こるかと期待していたんですよねぇ。とはいえ、「出来ない」のはこの仕事であり、他の仕事は「出来る」かもしれないわけで、それはそれで、最適な居場所を自分で見つけるか、作って頑張ってもらうしかないわけです。
posted by 4430516 at 16:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン