2008年09月14日

『めがね』を観る

megane.jpg
映画『めがね』を観る。しょっちゅう映画情報をチェックしているわけではないので、はじめてDVDのジャケットと出演者を見たときは、なんとなく『かもめ食堂』の第2弾的なイメージしかもっていなかったが、エンドスクロールで監督は同じ荻上直子さんだと判明。合点がいった。映画の内容は、あえて論じるのは野暮というものだろう。もしかすると、与論島に飛べば映画をみる必要はないかもしれない。ストーリーは単純で、ただ、のんびりと時が過ぎる。これを地でいける自信がある!と誰にも思わせるところに、制作者のうまさが光る。

気になったのは、フードコーディネーターの飯島奈美さんだ。かもめ食堂といい、この作品といい、日常の食事を旨そうに見せる。それが、フードコーディネーターの仕事といえばそれまでだが、今回は梅干の器が気になった。彼女の料理本も出ているようなので、みてみよう。それと今回は特に音楽が良い。クレジットをみると、金子隆博。調べてみると、BIG HONES BEEのフラッシュ金子?のようでビックリ。早速サントラも買ってみたい。
ラベル:映画 めがね
posted by 4430516 at 02:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芝居とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン