2008年12月05日

小劇場のケレン味たっぷり

oogonnnosaru.jpg
劇団桟敷童子『黄金の猿』
作:サジキドウジ 演出:東憲司 美術:塵芥 於:ベニサンピット

有人の奥さんの薦めで、桟敷童子を知る。かなり面白いという話だったので、早速ネットで探してみたら、ちょうど公演が目前。チケットを劇団に予約した。ベニサンピットがもう残り少ないといううわさも聞いていたので、これは行っておかねばと思い切った次第。

災害でもあったらどうしようというくらいに、客席はスシ詰め状態。脚を伸ばすスペースすらなく、エコノミー症候群になる人がいないか心配だった。キャストは、あまり見たことがない人だが、家でググッたりしたら、山本圭の弟さんや、仮面ライダーキバなどに出演されているイケメン系など、もりだくさん。

そして、小劇場ならではのケレン味をこれでもかというくらいに前面に押し出している。それを支えるのが、舞台美術。写真のように、模型からしてスケールがでかい。何トンかの水が振ってくる仕掛けも圧巻だった。そういえば、劇団のサイトをみていたら、ちょうど初回公演も同じような舞台装置だった。

oogonnnosaru_butai.jpg

最後の殺し合いとか、ストーリー的にはいまひとついただけないところもあるが、大衆演劇の泥臭さも持
ち合わせた内容はわかりやすく、ある層には、かなりハマる人が続出しそうな劇団である。
タグ:演劇
posted by 4430516 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・芝居とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110911784
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン