2011年08月28日

オーズ最終回 キャラクター商品年間売上230億

本日、仮面ライダーオーズ最終回。サイトの声を拾ってみると、脚本の小林さんはじめ、プロデューサー陣うまくまとめたという声が圧倒的だ。アンク自身が、タジャドルの1コインになるとは、不意を突かれた。期待以上のまとめ方だろう。

オーズ最後のメダルが、壊れたタカメダルとは、泣かせる演出(TV朝日の公式サイト)
ooo.jpg

しかし、映画需要喚起のための40周年記念映画の回とか、だらだらしたおふざけはやめて、もう少しグリードの最期をゆっくり描いて欲しかった。また欲望が次の進化を生み出すという鴻上の背景も(子供番組ということだと難しいのだろうが)TVシリーズで浮き彫りになってくると、もう少しのめりこめたかもしれない。

ちなみに変身ベルトの販売量は、平成ライダーの中でもNO.1だったそうだ。2010年のキャラクター商品の売上はWとオーズの合算で230億。2000年からスタートしたライダーシリーズでも年間最多記録で、東映やバンダイも万々歳だろう。とはいえ、在庫不足と称したネット上での不当な価格つり上げはぜひ是正していただきたいところ。私なんか、甥っ子にライドベンダー9,000円で買わされた口なので‥

良作が続くと、不作も続くというのが平成ライダーの流れ。来週のフォーゼの第1話で、うまくいくかどうかが決まるかな。期待しています。
posted by 4430516 at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・特撮・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222787849
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン