2011年09月04日

ダイエット高じて、週末農家になる。

ダイエットをはじめると、自分が口にするものに気を配るようになり、ほとんど野菜を中心に食するようになった。そうなると、野菜の種類や生産にも関心が移り、どうせなら自分でも作ったらどうだろうか‥という、まぁ美に関心のある人が野菜ソムリエや畑仕事をするようなフローに、私もまんまとはまってしまった。

私たちの会社のビルにも、農業関係の会社がたくさん入っており、空いた農地を家庭菜園希望者に貸すというビジネスが流行っているのは知っていたので、その手の農地を探してみたら、うちの近所の農地が1ヶ月5,000円。一方で、妻の友人にあたって見たら、ちょうど空きがでる農地があり、そこは1年で3,500円という破格の値段だったので、迷わず契約。小さいけど、まずはいいでしょう。

hatake.jpg

週末早速、草取りをして、耕し、石灰を撒く。1週間寝かせて来週は、土壌づくりかな。道具選びから、草むしり、鍬で耕したりしていると、ふと子供のころ、家で畑仕事をよくしていたことを思い出した。妻にも、手つきなどが「都会人ぶってるくせに、慣れ過ぎている」と半分バカにされつつ褒められたりもしたが、確かに苗植えから、肥溜めから糞(!)を撒いたり、もちろん収穫まで、いろいろ手伝っていたりしたもの。

今回、買った農具の中で、気になったのは「レーキ」。子供のころ使っていたレーキは小さな買ったからな。このアメリカンレーキという大型のものは、思わず手に取りたくなるカッコよさがある。作業効率もいいね。しばらく、週末は仕事の合間をぬって農作業が続きそう。。。

レーキ.jpg
posted by 4430516 at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 触発する道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン