2014年07月21日

脳をうまく使うために

4月にフランスから帰ってきてからというもの、3ヵ月はかなり走り過ぎた。5月に事務所の引っ越しがあったせいもあるけど、平日3週間家に帰れなかったというのは、長いプランナー生活の中でもはじめてだったりするかもしれない。まぁ、結構提案だらけだったり、トラブル対応だったりするわけで、決して短期的な生産性が高いわけではない。

そんなバタバタの中、いろいろな立場を兼任していると、脳の切り替えが結構大変になってくるとつくづく思う。経営戦略、経営管理、案件管理、案件提案プランニング、案件実務プランニング、案件クリエイティブ‥などによって、使う脳が違う(と思う)。情報収集する、ロジックで考える、課題管理する、キャッチ―なコピーを書く、撮影する‥なーんて、一度に出来るわけもなく、マニュアル車のように、毎度毎度ギアチェンジして、進んでいく。

ある脳を使っているのに、急にトラブルの問い合わせがあったり、部下から声をかけられたり、別の脳をつかわされるのは、脳全体にもかなり負荷がかかる。ある脳を使っているときに、すぐに別の脳に移動しているとかなり大変だ。毎日毎日プランニングしているだけとか、マネジメントしているだけ‥という仕事がどれだけ楽だろうか。大手企業のサラリーマンは、忙しいとはいえ、やる領域は決まっているからなぁ‥とはいえ、飽き性の私が長続きするわけでもなく。。。

疲れると、脳をどこかにリリース(ニュートラル状態に)したくなるが、休みがないとそれもままならず、精神的に参ってしまう。ニュートラル状態にしやすいのは、やはりスポーツだろう。何も考えずに、ひたすら泳いだり、自転車に乗るのは脳をいろいろ動かす潤滑油になる。当たり前のことだが、そのあたり自分でコントロールできないと脳の切替ができず、過去の失敗や不安を抱え込んだまま生活せざるを得ない状況になる。といいながらも、この3連休は1日骨休め、2日目仕事、3日目は、うじうじと過ごしてしまった。

自らを戒めなければ。
posted by 4430516 at 17:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402259833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン