2014年09月21日

女性を育てるのに苦労すること

過去複数の会社で、女性の部下を持つことが多かったのだが、女性に仕事を教える際に重要なのは、アウトプットをしっかりイメージさせ、そこに向かって仕事をどう進めていくのかということを、「自分自身で描けるようにしてあげる」こと。

多くの有能な女性は、言われたことはできる。男性よりも、粘り強くしっかりやる人が多いと思う。ただ、やはり全体像がみれない。言われれば全体像は見えるが、全体像がない仕事の全体をイメージさせることは、結構難しい。

反面男性は、全体をつくりたがるが、ロジックのつなぎが甘かったり、細かなところで抜けが多い。男性の荒削りと女性の緻密さは適材適所で活用すべきだろうが、個人的にはどちらも持っている人がいいなと思う。男性も繊細さを、女性にも大胆さを。
posted by 4430516 at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405791924
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン