2014年11月26日

「〜と。」で会話する人

たまにビジネスの現場で、「これが、こうなんです、と。」 というように、「〜と。」で終わる人がいる。さっきも、電話で「いただいたメールで、質問したいことがありましたので、電話したんです、と。」 なーんて、言われた。「と。」かよ。なんだよ「と。」って。

前の会社にいる時、大勢いたなぁ。「と。」という人。

これは、ニュアンス的に「言い切りができない」人、「言い切れるだけの自信がない」人のような気がする。なので、よくプレゼンなどの現場で目にすることになる。多分、「〜ということなんですけれども、いかがなもんでしょうかねぇ‥」みたいなことを、「と。」で終わらせているように思う。ちょっとネットで調べたけど、うまく検索エンジンに引っかからなかった。

発しているご本人は、多少へりくだっているようなところもあるのかもしれないが、キチンとへりくだるという感覚でもなく、どうも中途半端な位置で会話している印象を受けるし、言われる側としては、「と。」と言われるのは、小バカにされているようであまり気分は良くない。ハッキリ言い切れよ!!!、と。
posted by 4430516 at 14:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409602692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン