2015年04月05日

いわゆる戦略立案の仕事が変わってきたなぁと思う今日この頃

本当に新しい期の開始ギリギリで、期待できる新卒の入社が確定し、研修の資料を慌てて作成している。私は戦略立案部分の担当だが、新卒に戦略の細かな話をしてもなかなか理解してもらえないので、毎回本質的な話をしている。

最初にWebサイト戦略とか、Webマーケティング戦略とか‥の資料を見せてあげようと思ったのだが、そういえば‥そういう「Web戦略」みたいな仕事って、ここ2年近くやっていないのではないか??と気づいた。もう、Webじゃないんだよねー。「戦略策定」とか重そうなことはやらないんだよねー。なーんて、そんな大きな仕事がとれていないというやせ我慢の発言と取られても致し方ないのですが、でもそういう仕事は正直飽きた。

実際、やっていることはこれまでと変わらないのだけど、書く紙がはるかにシャープになってきている。結局、書く紙は「現状診断→基本コンセプト→行動計画」だから、すなわち戦略なのだが、そこに時間はかけず、もっと具体案と効果測定に重きを置き始めている。戦略の紙をかけることは、かなり価値はあるが、それはできるだけスピーディに、ドラフトをつくれることが重要で、より大事なのは後者だ。

僕らは、ここを目指す。5年後にその分野でNO.1になろうと思う。
posted by 4430516 at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416827368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン