2015年08月30日

ベンチャーに大企業のスタッフを送り込むことがWin-Winになるのかな?

ある人に呼ばれて、無料セミナーを聴講しに行った。内容は‥
●大企業が新規事業を始めるには、ベンチャーに投資するのが良い。
●ベンチャーはネットを活用したところがメインになるだろうが、産業単位でよく研究しろ。
●ベンチャーに投資しても、役員ではなく部長クラスなどのレイヤーでスタッフを送り込め。
●ベンチャーのスタッフは問題発見、解決のPDCAマネジメントができないので、そこをやらせろ。
●ベンチャーも成長し、送り込んだスタッフも成長し、事業も上手くいく。
‥という話だった。100社以上の立ち上げに関わられた方と言う話だったので、説得力はあるのだろうが、ベンチャーに後ろ盾もなく、裸一貫で飛び込んだ私からすると、やはり後ろ盾がある(ダメだったら帰れるところがある)人は信用できないな。会社が倒産する時には、もしくは何か問題が起こったら大手企業に逃げちゃうんでしょ?そんな人と腹くくれるかなぁ‥なんて思ったりする。

私が以前いた会社でも、位の高い人が招聘されて(大企業出身者)転職してきていたけど、なんか問題あったら別の企業に紹介されて行ってしまったもんな。会社は、営業的な人脈があると思って採用していたけど、逆に言えば逃げ場はいくらでもあるわけだから。特に、それ自体は悪いと思っていないけど、最後の最後にこの人は保険があっていいなぁ‥と思いながら仕事をするのはなんかやるせなくなる。ビジネスとして割り切ればいいのだろうが、そうもいかない人もいるわけで。でも、これが現実かな。なんだかちょっと違和感のある講演でした。
posted by 4430516 at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425052876
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン