2015年12月22日

昨今のコンテンツマーケティングとかいうもの

コンテンツマーケティングというマジックワードが一人歩きしているけど、なんかWEBしか知らない若者と、広告業界で頑張ってきた中高年が一緒に騒いでいるようにしか見えないなぁ。WEB屋は、Googleが検索結果の評価方法を変えたことで、これまでのSEOコンサルティングで食えなくなった分、コンテンツをつくるとか言って、大量のゴミテキストをつくっている。従来の広告屋は、いままでWEBってよくわからなかったけど、ようやくWEBのつくり方がわかってきたので、結局中身がないとダメじゃんといって、おもしろ情報を垂れ流している。かたや、硬派な代理店は、コンテンツマーケティングは広告じゃなくて、ユーザーの視点の情報提供からうまれる売れるしくみだといったりして、第三者的な立場での情報提供を企業に促そうとしている。でも、やっぱりマーケティングなんですよ。売れる仕組みづくりに投資して、回収するのだ。広告で、いいじゃん‥なんて、思ったりする。コンテンツは重要だけど、おかしなバズワードになっていないかね?
posted by 4430516 at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の構え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン