2016年01月15日

中途採用の大義

中途採用をしてみたら、告知の仕方がへたくそだったのか、自分よりも年上の人ばかりくる。40代後半や50代がざらで、これは困ったもんだと原稿を替えようとしたが、時すでに遅し。中途採用業者さんに変な理屈で「このままが良い」と言われて、結局このありさま。しかし、みなさん良い年なのに、どうして当社入社に対して大義がないのだろうか?ある程度のキャリアを積んだのであれば、それなりの自分なりのプライドもあるだろうし、やりたいこともあろう。なのに、単に履歴書を送りつけて検討してくださいというなら、年齢で差別されるくらいわからないのだろうか。もっとも、名もない小さな会社に応募するというのは、その程度の人しかこない(とりあえず言われたことやっておきます)のかもしれないのでしょうし、妙な作品集を送り付けてきて、なんで面接しないんだと恐喝めいたことをされるよりはいいのかもしれませんが、、、自分だったら、どう職探ししようか?やっぱり、大義をちゃんと書くだろうな。焦って職探しをする必要があっても、多少でも長く働くことを考えるのなら、大義が必要だ。どうしてその会社で働きたいのか?すごく考えると思う。新卒なら無意味な質問だが、中高年ならかなり重要な質問であることは間違いない。
posted by 4430516 at 09:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いわゆる日記の類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン