2016年04月10日

さよなら、GALILEO GALILEI

GALILEO GALILEI(ガリレオガリレイ)をどうしても生で聴きたくて、LIVEチケットを買ったら、今回のツアーで解散だという。とても良い曲を書く人たちなので、ある企業のプロモーションでタイアップ候補として提案したこともあるくらい。うーん、残念。今回、LIVEには息子と一緒に行ったけど、並んでいる人たちも若いわー。先日のLILILIMITの方が、平均年齢高いような気もした。このバンドのTWとかを見ていると、「私の青春の曲」とか、結構かかれているので、高校生とかに人気があるのかな。多分、アニメとかのタイアップが多いからだろうな。そういえば、息子ももう大学生だ。俺の人生も、だいぶ残りがなくなってきたなぁ。。。と、LIVEがはねて、息子と寿司を食って帰る。本当は酒飲むらしいけど、親の前では飲ませない。

僕がいちばん好きな、彼らのPV

最近のこの曲もいいよ、うん、いい。
posted by 4430516 at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

久しぶりのLIVEは、lililimit

まったく休みと言う休みが半年以上ない中で、ちょっとだけの息抜きに代田橋フィーバーっていう、新代田の駅前にあるライブハウスに娘と行く。どこかのBlogでこの箱は、「500人キャパだけど300人しか入れないので、余裕がある」と書かれていたのだが、そうなんかなー、確かに密着度合いは少ないけど、やや期待外れ。ドリンクカウンターも観客スペースにデーンとあるので、開演前には飲めない。

まぁでも、lililimit(リリリミット)は、良かったよ。僕の中ではスーパーカーやサカナクション、最近では雨のパレードと同じジャンルのバンドだけど、ここはボーカルの声質だけでなく、女性ベースとキーボードのハモリとリズム効果音なんかは、鳥肌もの。音の選び方、センスが光る。演奏力も高いし、もっと、もっとこれからすごくファンがつくのではないかと思う。

‥意外と、同じ年くらいのおっさんもいて踊ってたね。いいよ、このバンドは。がんばれー!


続きを読む
posted by 4430516 at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

ASAYAKEも座って見ようよ。年なんだから。

casiopea.JPG

Casiopea 3rd@SIBUYA AXのコンサートに息子と行った。ドラムをやっている息子に神保彰のドラムテクニックやフュージョンのグルーブ感を生で見せたかったのだが、やはり観客は、すべて私と同世代か上。見事に、中年だらけ。よって、全席指定の椅子席。AXでの椅子席は初めてだ。ちなみに、AXは来年5月末でなくなる。

久しぶりのAXだが、やはり中年だらけのこぶし振り上げは、痛い。タイミングあわないし、寒い。なんだよ、このノリは。。。最初の『Lookong UP』から立って躍り出すBBAもいましたが、どうせ1曲ごとに立ったり座ったりするなら、立つ必要ないやん。ずーっと座って見てればいいのになぁ。座ってても、盛り上がるよ‥と思いながら、座って見てたけど、さすがに最後の定番『ASAYAKE』では総立ち。私と息子だけ座っている。

で、ステージが見えなくなるわけなので立って見るわけだが、Casioplea 3rdは、あまり盛り上がらない最新アルバムの曲を演る。いやいや、せっかく立っている中年族は、昔の曲で盛り上がりたいわけですよ。と思いつつ、ああ、これはこれまでのCasiopeaではないのだ、3rdなのですよ。昔の曲をやって盛り上がるコピーバンドではないのですよ。と自分に言い聞かせ、いまいち最高に盛り上がれないままに、AXを後に。

今回のライブは、2014年5月にDVDになるらしいので、買って観てもう一度その内容を確認してみても良いかもしれない。しかし、向谷さんのマンネリ感のあったキーボードの音色が消え、腹に来る大高さんのオルガンは非常に良い。調べたら、彼女は私より1つ年上で、高校は近所だったらしい。個人的には、ナルチョのベースはノイジーでラフ。櫻井哲夫さんに比べると軽く、いまひとつ。ここに櫻井さんが戻ってきたら、(個人的には)最高のCasiopea 3rdになるのになぁ。

でも、見事に「再生」して良かった。これまでの延長線にある曲だけでなく、実験的な曲をぜひ作って欲しいと思うのは私だけではないはず。そうしたら、最初から立って観ますとも。いや、椅子席はいらんでしょうな。
posted by 4430516 at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

KPPの海外ツアー良かった!

2月のベルギーからはじまったきゃりーぱみゅぱみゅの海外ツアーを、
YouTubeでずっと追っている。
いやーすごいなぁ。
1981年のYMOワールドツアー並みの衝撃。

各国のファンが、コスプレして、日本語の曲をよく知っていて
箱全体で盛り上がっているなんて、すばらしいことではないかと
ニマニマして、ずっとYouTubeを観ている。

PONPONPON!が北欧でチャート1位になっていた頃は
「面白いビデオだけど、これって、支持すべきか?」
と、iTunesでも買わずに、2曲目、3曲目をみてから…
なんて思ってたら、彼女の魅力は曲ではないのね。

ライブをみてはじめてわかった。
彼女の太くて強いコンセプトがあって、そこに高い能力を持つ
作曲家やビジュアル作家やダンサーなどが、しっかり絡み合って
彼女独自の世界を作り上げている。

歌の上手い下手、ダンスの上手い下手、
口パクだ(実際ライブではガイド付で歌っているが)‥などという
批判は意味がない。原宿ファッションを鮮やかに昇華させた
この世界観が斬新で、すばらしいのだ。

これは、ディズニーのようなコンテンツに化けるのでは?
と期待もしつつ、彼女が生身だから、どこまでビジネスとして
展開するのか?アソビシステムの方々の戦略も楽しみ。

ただ1つだけ残念なのは、しゃべっちゃうとね‥
個人的にはステージのトークが素人感モリモリで残念だけど、
海外では盛り上がってたね。

posted by 4430516 at 21:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

娘とライブに行った日

小5の娘とSHIBUYA AXにライブに出かける。出演者は前座に米騒動、メインにアルカラ、ねごと、モーモールルギャバン。前座は良く知らないけど、3バンドとも私の好み。子供にもいい経験になるかなと思って、連れてきてみたものの、前方で騒いでいる人に混ざると、怪我しそうだし、4時間爆音の中で、突っ立っているのはちょっとかわいそうだったかなぁ。

と思いつつ、最後までいたけれど、ライブってもうちょっと音づくりはなんとかならんのかな?ドラムの爆音が基準になってしまい、メロディもわからない状況で聴き続けるのはつらい。それとスタンディングでない席(桟敷でいいから)も設けて欲しい。みんな演奏技術高いので、ノリも大事だけど、聴かせてくれるような音や場を期待したいしている人も多いと思う。高齢化時代、ライブが生き残るための方法としても重要なポイントではないだろうか?







それで、いまちょっと生で聴いてみたいのはHaku。これも関西のバンドかぁ。この人たちの曲、みんな同じに聞こえるけど、ノレる。女性がベースっていう、スーパーカー、サカナクション、凛として時雨 的なポジションも売れる要素なのかな。

posted by 4430516 at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

念願のパンティ・コールに参加してきた

Zepp.JPG

モーモールルギャバンのツアーファイナルに行ってきました。
Zepp Tokyo!
半端なく仕事が忙しい時期ですが、2月から予約していたんですもの。
当社スタッフのみなさん>ごめんなさい。

ようやく、念願のパンティコールに参加できて感無量。
この日のライブは、DVDになるそうです。
矢島さんのキレ加減、面白かったわ。
ま、YouTubeで見るのとあまり変わらないけどね。

とはいえ、翌朝土曜日のプレゼン資料を1枚も作っていないのに
筋肉痛で、足がつりそう‥腰が痛い‥腕が上がらない‥
深夜、死ぬ思いで企画書仕上げたさ。
嫁へ>楽しんで来たのに、自宅では不機嫌でごめんなさい。


posted by 4430516 at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

モーモー(桃山御陵前)ルル(常備薬)ギャバン(宇宙刑事)

PINK and BLACK(DVD付) [Single, CD+DVD, Maxi] / モーモールルギャバン (CD - 2011)

モーモールルギャバンにはまった〜。ナンバーガールや相対性理論に出会った時の衝撃。うーん、それ以上に「身近」に感じているかもしれない。そんなわけで、クリスマスはモーモーの新しいDVD(インタビューとライブが収録)を観ながら過ごす。ユコさんの「音楽の品質をしっかり保っていけば、いざという時に良いことがある」という話や、実際に音楽のリーダーは彼女だというエピソードを聞いて、3人のバランスの妙を改めて感じ、ますます好きになる。ここのところ、毎日全CDをエンドレスで聞いてるからDVD収録のライブも全曲OK。しばらく仕事に熱中してたから、面白いアーティストを見逃していたようだ。でもいま出会えて良かった!投資するぞ。

BeVeci Calopueno(初回限定盤) [Limited Edition] / モーモールルギャバン (CD - 2011)
▲BeVeci Calopueno

野口、久津川で爆死 / MOWMOW LULU GYABAN (CD - 2009)
▲野口、久津川で爆死

クロなら結構です / モーモールルギャバン (CD - 2010)
▲クロなら結構です




posted by 4430516 at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

サカナクションLIVE行きたい

こんなライブ記録を見ると、メチャ行きたくなる。中盤以降ちょっと鳥肌モノ。やっぱりベースがいいバンドはいいねぇ。ああ、はやく会社を落ち着かせて、楽器触りたい。
posted by 4430516 at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

明日香の東風

ituneで「東風」を探していたら、明日香という雅楽グループを見つけた。なるほど、こんなアレンジもOKですね。そんなわけで、明日香の別の曲も購入したのですが、有名な曲をコピーして、ituneに載せると、いろいろな人に見てもらえるというPR効果はあるかもしれません。最近は、ゆっくりCDショップに行く暇もなく、ディープな情報誌を読む機会も減ったので、ituneで検索・購入→YouTubeで見る→他の曲やアーティストのつながりを探す→ituneで検索‥みたいな消費行動になっています。



こんな暑い日は、ビールを飲みながら、ゴンチチのライブでも行きたいものです。いつになったら、そんなのんびりできる日が来るやら‥

 

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

阿部芙蓉美

圧倒的!ituneで即買い。


blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 03:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

さすが!早川義夫

hai-posiの名曲。うまい!!


ちなみに本家。いま聴いてもシビれます。


blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

You Are the Universe

最近勢いをつけたいときに、よく聴く曲は「You Are the Universe」。元は、確かThe Brand New Heaviesだったと思うが(こちらも、かなりオススメだが)、MiMのmaryがボーカルのものが、かなりステキ。癖のない今風の曲の歌いこなし方だが、聴きやすい独自の「切れ」があり、多少へこんでいても、俄然やる気を与えてくれる。maryのソロ活動もオススメ。Live行けるように、仕事安定させよ。


blogram投票ボタン
ラベル:音楽
posted by 4430516 at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

RCよ永遠なれ

昨晩から40代、50代の男性のブログのコンテンツは忌野清志郎さんの訃報ではなかろうか。と思いきや、実際のブログやYouTubeなどのコメントを見ていると、結構若い人のコメントが多いかも。しかも、コメントは「軽い」。青春時代にRCと一緒だった人たちは、多分そんな軽いことばでは、済まされないはずだ。多分、そう簡単に書けない、でも何か言いたい‥重すぎて何も書けない。みたいな葛藤があるのだろうと、渋谷陽一さんのブログを見ていて感じた。泉谷しげるは「死を認めない」と言っている。よくわかるなぁ。それだけ、我々以上の世代の「男子」には絶大な影響力を持っていたんだ。私もつい最近、iTuneからRCサクセションの曲をダウンロードして、懐かしく聴いていたので、今回の訃報はとても身近に感じてしまった。RCの曲を聴くと、当時通っていた中学校の木造校舎やクラスメート、甘酸っぱい思い出がよみがえる。
posted by 4430516 at 19:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

相対性理論、やはり売れてきた

iTuneでトップランキングになるなんて。トリッキーな歌詞の切り口+ゆるいが、時々骨のある演奏をするバックと、ハスキーボイスで変な歌詞を歌のお姉さんみたいに癖のないうたい方をするようなボーカル‥という魅力もさることながら、露出がないというのところがやはり強い。。ますます関心が高まるというものだ。ネットによる加速度的な販売(それがインディーズを装った大手レコード会社の販売戦略だとしても)により、ますます消費のサイクルが短くなるのだろうか。昨年までにライブに行っておけばよかった。今年は結構混むだろうな。
posted by 4430516 at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

recommuniはどこまで頑張れるか?

先週、ダイレクトマーケティング学会の定例会に出席した。テーマはHMVさんのEコマースの成功事例だが、主にシステム構築部分の話が多かったので、とても興味を持って聞くことができた。どちらからといえば、HMVさんの社内で発表するような発表スタイルかもしれないが、それがかえってよかった。

しかし、いざ市場を考えるとCDを買うという行為自体が激減している。私のことに限って言えば、流行の曲は近所のレンタルショップ、手に入らないものはituneストア(最近、ituneもバリエーションが豊かになってきた)、さらに手に入らないもの(ここが私の一番欲しいものだが)やインディーズなどは、CD‥購入だと思っていたが―

久々にレコミュニからメールが。しかもHTMLメールだったので、思わずアクセスしてみると、インディーズ系の結構いい曲が並んでいる。ここは、自分でも楽曲をアップロードできるストアなので、玉石混交という感もあるが、知らないアーチストや独自レーベルのものが多く、とても面白い。しかも、ダウンロードした曲が、ituneでも聞けるというのがありがたい。しかし―

ユーザビリティが最悪だ。こんなに曲があるのに、探す方法がフリーワード検索かニュースリリースだけからなんて、ひどすぎる。おまけに気に入ったアーティストを欲しいものリストなどにストックすることすらできない。困った困った。ituneが、amazonのマーケットプレイスよろしく、素人楽曲まで手を伸ばしてきたら、消滅されてしまうだろう。コンセプトはいいのに、SNSにしようとしたのが間違いだったのだろうな。
posted by 4430516 at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

年の差?いやいや

しんどい体をおして、日曜の晩からライブに出かける。場所は渋谷のO-NEST。久しぶりのライブハウスだ。ざっと見渡すと私のような年齢の人はかなり少ない。多分、店の人も含めて、私が一番年寄りの部類ではないだろうか。と、思っていたら、いやいや出演者の方々も同じくらいの人で、少し安心もする。出演バンドは―
THE NOVEMBERS
toddle
Luminous Orange
mudy on the 昨晩
の4バンド。私のお目当ては、Luminous Orange。はじめて生「ルミナス」を見たが、「え、この人って、近所の主婦の方?」的なルックスと衣装で、正直愕然とした。あまりにも、抱いていたイメージと違う、違いすぎだ‥とはいえ、音源はやはりとても好みで、ノラせてもらった。

総合評価では、THE NOVEMBERSが一番良かったかな。格好も、声、演奏も、歌詞も。なかなかポイント高いでしょう。toddleは、元ナンバーガールのひさ子さんファンが見に来ていたが、やはりボーカルは違う人を!と切に願う。彼女はやはりギターに徹しているときが一番なのだ。

トリのmudy on the 昨晩は、いつ歌うのか?と思っていたら、ロックのインストだった。客席ではなく、ステージ上の3人のギターと1人のベースとドラムが和になってステージ上でトランスしながら演奏するというもの。これ、何が面白いんだろう‥しかし、このバンドの演奏で踊る人が多かった。年の差かなぁ。

しかし、このようなバンドが支持されるというのは、どういうことか。顧客に媚をうらず、自分たちだけで楽しんでいるような感じ。テキスト(ことば)では伝えず、爆発的な音をこれ見よがしに飛ばしている。そんな世界に、私たちも入れてくれといわんばかりの観客の集団ジャンプ!ちょっと寂しい気がする。世界観はわかるが、もっと豊かな表現で僕らをノセて欲しい。
ラベル:音楽 ライブ
posted by 4430516 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

降るプラチナ

furu purachina.jpg 『降るプラチナ』新居昭乃
何気にGoddess in the Morningのボーカルのことを調べていたら、新居さんだということが判り、早速購入してしばらくヘビーローテーション。というのも数ヶ月前の話で、最近はすっかりi−podの他の曲に埋もれていたのだが、たまにランダム選曲でヒットすると、ぐっと引き寄せられる楽曲の強さが、coccoに似ている気がする。なにか欲情的で浮遊感が漂うアジアンテイスト加減が、懐かしいどこかの世界にいざなってくれるが、最後は毒を盛られ、突き放され、強さを求められるような‥そんなとても大事な人と会ったような気になる。
posted by 4430516 at 02:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

夕焼けの似合う楽曲集

haruka nakamura.jpg『grace』haruka nakamura
個人的には今年出会った中でもかなり高ランク。エレクトロニカ的な要素をもつ、アコースティックアルバム。高校生のとき、夕暮れにピアノを適当に弾いていたら、とてもキレイな和音やメロディを発見して、何度も何度も弾いて、ドロロン閻魔くんが始まっていても弾いていて、しまいにはカセットに録音しちゃったような曲を、また改めて聴いたら、泣ける‥という、そんな感じの曲が詰まっている。癒しと共に元気を与えてくれる有難いアルバム。しばらく手放せない。
ラベル:haruka nakamura 音楽
posted by 4430516 at 18:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

相対性理論

シフォン主義.jpg
週末は部屋に閉じこもって、原稿書き。なかなか思うようにはかどらない。気分転換に全くアクセスしていなかったコミュニティを訪れる。自分のmixiなんて、完全に枯れてるや。私のライフスタイルとは合わないのがよくわかる。他の音楽コミュニティをみていたら、なかなか刺激的な情報が見つかった。特に、どっちがバンド名か、アルバム名かよくわからないインディーズバンド「相対性理論」の情報が得られたのは大きい。

このゆるーく、おちょくった感じの楽曲やボーカリストの琴線に触れさせる表現力‥なんなんだろう。PV(youtube)なんて、朝5時くらいのTVの「今日の天気」をイメージしているんだろうなぁ。いろいろ調べたら、結構人気のようで。顔写真などはほとんどないが、Lastfmに掲載されていた。ちょっと、面白い人と会えた気分で、「Loveずっきゅん」や「スマトラ警備隊」「四角革命」などをヘビーローテーションしながら、原稿を完成させるのだ。
ラベル:相対性理論 音楽
posted by 4430516 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

佐々木麻美子さんに再会

X’mas Bossa.jpg
X’mas Bossa~The Greatest Christmas Hits In Bossa Style~

季節はずれだが(発売は2007.11)、クリスマスの曲をボサノバ調(らしいが、実際はそうかな?とも思う)で、聴かせてくれる。初代ピチカートVのVo.の佐々木麻美子が1曲だけ(恋人がサンタクロース)歌っている曲を、よーやく発見したので早速入手。やっぱり、佐々木さんのVo.には癒される。当時のメンバーで再結成を強く望む潜在ファンは多いはず。他にも、かの香織やTammyなど、好みの女性ボーカル陣が勢ぞろいで、夜ふかしして書き物をしながら、静かにノリたい時は、いいアルバム。
posted by 4430516 at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン