2012年05月20日

FancyやPinterestから、Fコマースの限界を知る

企業がFacebook導入を語るとき、「人は口コミ情報を参考にしてモノを買う」→「知っている人の口コミは正しいと思う」→「知り合いから進められたら、その商品を買う機会が増える」というような原則論があるが、実際にそうだろうか?最近、FancyやPinterestを見ていると、どうも違うような気がしてならない。

Facebookはヒューマングラフであり、FancyやPinterestはインタレストグラフである。Facebookでは、ある商品を知り合いから勧められるが、たとえその知り合いをどれだけ信じていたとしても、知り合いと同じものを持とうという気がするだろうか?特に、身に着けるものや自分のアイデンティティになりそうなものは「被り」「真似しい」の恐れがあるため難しいと思う。

片や、FancyやPinterestは「ものつながり」であるため、あるものを好む人同士がつながる。自分の価値観に会った人を多数のなかから探しやすい。知り合いでないケースが多いため、身に着けるようなものも、買いやすいと思う。どちらかといえば、いままで自分が知らなかったようなものに、触れられる機会がかなり広がるだろう。

そんな意味で、楽天がPinteresと提携したのは、非常に意義のあることだと思う。日用雑貨品などは、楽天の中で見つけられるだろうが、その他のエンタテイメント性のある商品は、Pinterestなどを使う方が便利だ。

ちなみに、私はいまFancyにはまっている。確かに、インテリアやファッション、雑貨など楽しいものが目白押しだ。Facebookはビジネス関係の情報探しやあまり会っていない人との連絡を取るくらいにしか使っていない。人が何を食ったかとか、どこに行って楽しい思いをしているかとか、ま正直どうでもいいことで、私の人生においてはノイズになることのほうが多い。
posted by 4430516 at 04:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

日本のこれからのSNSとなるかもしれない「圏」の発想

フェイスブックの個々人のウォールはハッピーニュースと、占い結果そして各ニュースサイトのFYIばかりだ。ビジネス関係でつながってしまうと、そうそう重い話は書けないだろう。しかし重い話も時には期待しているのが人の性というものではないだろうか。ずーっとハッピーなニュースばかり見せられても、なんだかな‥ということは‥個人的にはある。

というわけで、私はフェイスブックのウォールはあまり見ない。見るけど、正直あまり楽しい思いをしたことはない。2ちゃん的にいえば「リア充」じゃないから?ということなのかもしれないけど、そもそもつながっている人にあまり関心がないのかもしれない。いや、つながっている人に関心はあるけれど、更新頻度が低いか、ROMの人に関心があるのかもしれぬ。

ビジネス情報で参考になるものを頻繁にレコメンドしていただく人も多く、中には「使える」と思うものがあるのは事実だが、ニュースサイトにいけば見られるものも多く、奇遇な出会いを追い求めるためにフェイスブックを訪れるには、非効率という気もしないでもない。なので、個人的にはフェイスブックはつまらない。mixiはユーザビリティがそもそも気にいらないので、ダメだった‥

私は現在のSNS難民?と思いきや、先月(昨年12月の初頭)博報堂から調査データを基に「圏」の発想が提示された。これは、なかなか言い得ているのではないかと思う。そもそもコミュニティを好む日本人が、新たに「圏」を探し始めているというのは、あながち間違った仮説ではない。もちろん、SNSの中に「圏」がつくられる可能性も大いにあるので、フェイスブックに代わって‥とかいう安易な議論にはならないだろうが、ちょっと注目しておくべきではないかと、今日の英語の時間にディスカッションをしていて思った。
posted by 4430516 at 14:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

若者マーケティングの本質

「ウォークマンがiPod抜いた理由 中高生ら若者に支持される? 」という記事のコメント欄に、こんなことが書かれていた。

「自分しか持っていなくて、みんなと違っていて、かつ、みんなと同じ事ができる。」これが、若年層に訴える理由になるんですよ。

なるほど。本質を突いているかもしれない。
posted by 4430516 at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

日経の4,000円はひょっとすると‥

あちこちで日経新聞サイトの有料会員価格が4,000円とはなんぞ!という話を聞くが、ipadのような、リビングコンピューティングというコンセプトをもった仕組みがでてくると、その価格も飛び越え、紙から簡単に移行できてしまうかもしれない。

コーヒー片手に、ソファやトイレなどで、電子ペーパーよりもすばやい反応でみられるというのは、これまでにない体験だと思う。そこに新しい価値を感じられるようになるのではないだろうか?パソコンでは感じられない新しい価値を。いや、ハードがそうなれば、日経1社だけではなく、やじ馬ワイドをみながら、各社の新聞を自分で切り抜いて斜め読みしているようになっているかもいれない‥

新しい価値体験は確かに重要なファクターなのかもしれないが、もうひとつ。どうも仕組み(囲い込み)に対する何らかの心理が働いているのではないだろうか?とも考える。つまり、ケータイやipod、iphone、キンドルなどのように、それが「仕組み化」しているものであれば、致し方ないと思ってしまうのではないか?

逆に考えれば、パソコンは「いつでも情報を無料で入手できる」というブランドになってしまったのかもしれない。よくわからないけど、いろいろ考えているうちに、なんとなくもしかしたら‥と思ってしまった。
posted by 4430516 at 00:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

百貨店も行動分析を

日経ビジネスの百貨店特集は、内容的に読み応えがあり、量的にもちょうどよく、なかなかよい記事でした。

百貨店の原点回帰とは、顧客の生活にさらに寄り添うこと。そのビジネスモデルは「どんな服を買っていいかわからないお客さまに、1時間半ほどかけて、服の好みや着る場面だけでなく、普段の生活スタイルなどを聞き出す。その上で、百貨店やセレクトショップで顧客に似合いそうなものを買い集め、後日試着してもらって気に入ったものだけを購入してもらう」という、ライフブランディング(男性専門のファッションコーディネート代行サービス)という会社のビジネスに近いようです。

確かに。しかし、10万人(1日の来客数)に対してこのようなビジネスが成り立つか?10万人のうち、どのくらいの人がこのようなサービスを望んでいるか?と疑問を投げかけています。

私としては、せっかく10万人も来場が見込めるのなら、なぜコンバージョンしないのか?なぜ、クロスセルできないのか?アップセルできないのか?リピートにつなげられないのか?そもそも、店舗に10万人は何しにしきているのか?店舗に来る前はどこにいたのか?店舗にきてから、どこに行ったのか?といった、ECサイトの分析手法をリアル店舗でやってみたらどうだろうと思うのです。

サイトの解析手法が、実はリアルでも役立つような気がしてなりません。コストはそれなりにかかりますが、店舗戦略を考える上では重要なファクトとなるでしょう。これまでのようなクラスター分析だけで、何かサービスを改善したりするのは、限界があります。ネットのアクセスログ解析などで培われている「行動をとらえる」というアイデアを、採り入れたらどうでしょう。

サイト内検索は、インフォメーションカウンターへの問い合わせでしょうし、実は黄金導線がどこかに眠っているとか、機能別に商品をみられるようにすると買う人が増えたとか、離脱ポイントは正面玄関脇の靴屋だったとか‥なんだか楽しそうですよ。
posted by 4430516 at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

借金までして‥

若者の消費の鈍化を、嫌消費とかいうワードでまとめてしまうのは、これまでのマーケティングの延長上でしかないかもしれない。物欲はシックスポケットで満たされ、自動車などを使ったリアルコミュニケーション手段もネットなどのインフラにより不要‥という議論もさることながら、どうも私たちはこれまでのような、楽観的な右肩上がりの経済は幻想だということを認識しはじめているのが重要な動機になっているような気がしてならない。

へべれけになるまで飲むのを嫌う若者が増えているように、しっかり返せる目処が立たないままで、借金してまで買うのか?という「良識」が根付いてきたのだろう。国債をあれほどまでに発行して経済を成立させようとしている人たちや、その税金で生き延びようとしている人たちを、若年層はしっかり見ているのではないか。

肉食、草食で若者を分類して喜んでいるのではなく、その根本的な経済状況と意識をつかまえている企業が成功している。私たちは、身の丈消費の中で、サプライズをどれだけ提供できるのか?が、いま問われている。
posted by 4430516 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

連鎖で考える

年末になると、その年の売れ筋だったものの総括が行われるが、雑誌記事などは、得てして連鎖的に考えると、だいたい合点がいくように書かれている。結果論とはいえ、次を予測する上では、重要な示唆であることは間違いない。たとえば‥

●1000円高速 その1
→渋滞→携帯トイレ→無料配布→必要性(安心確保)認識→需要増加
●1000円高速 その2
→ETC必要→アクセサリー感覚のおしゃれなETC
●1000円高速 その3
→1000円でいける場所は?最大限活かすには?→1000円ドライブ本
――――――――――――――――――――
●巣ごもり消費 その1<衣類>
→外ではお金をつかわないが、常にかわいい自分でいたい→ルームウェア(おしゃれ部屋着)
●巣ごもり消費 その2<食>
→外食しないがおいしいものを→ルクエ・スチームケース(調理器具)⇔クックパッドへのアクセス→素材を自分でつくる→プチ農作→小型耕運機→カセットガス利用
posted by 4430516 at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

美人流行

美人時計のGoogleガジェットが20万を超えたらしいが、今度は謝り美人だそうだ。美人ばやりだ。若い娘の写真があれば、何でも張ると思っているのだろうか‥張りましたよ。張りましたとも。左下に張ってやりました。でも、これ何の意味がある?発信元も企画会社もよくわからないので、マーケティング的な意図が不明。アイドルを売り出すとかいう手法としてはあるかもしれないけど。
posted by 4430516 at 20:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

支持率55%で200億?

日本オリンピック委員会会長の竹田さんは、最新の日経ビジネス誌で「今回、私が五輪招致に挑戦したのは、開催から半世紀が経とうとしている1964年の東京五輪を知らない世代に、あの時と同じ体験を味わってもらいたいと思ったから」とおっしゃっていた。そして「2020年の大会招致について具体的に検討する前に、今回の敗因分析をする。招致に失敗した理由を探っている」とも。

敗因はこの動機が伝わらないことではないか?私たちは東京五輪を知らないが、そんなにすばらしい体験であるというのなら、それをわかりやすく、そして消費される税金以上の国益がもたらされることをアピールしてもらわないと共鳴できない。日本国内でのオリンピック招致支持率が55.5%という数字があったが、不況でこんな時期になにを‥というむきも多かったのではないか。他の首都は、調査方法が明確に統一されていないとはいえ、プラハを除きほぼ80%以上の支持率という。

そこに石原都知事が公言している招致費用150億に加えてさらに50億つかわれたというようなニュースもある。支持率55%程度で200億円も使って結局NG。国民をリードするのはまったく問題ないが、東京での五輪開催が私たちにとって良いものだったとしても、それが伝わらないのは一番困る。だいたい、それだけ金をつかったのなら、プレゼンテーションの内容をもっと私たちに公開してもいいのではないだろうか?

結局、「広告会社」としての電通が、このネット時代に53億ももらってまともなPRもできないことを露呈したような気がする。‥もちろん、そもそもの動機やお金の使い方など、もっと言及されるべきことはあるのだろうけど。
posted by 4430516 at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

toBサイトの事例の件

Webインテグレーション企業のコーポレートサイトをざっと見ていたら、導入事例がTOPページからこれでもか!!っていうくらい出ている企業がいくつかあり、ちょっとびっくり。

toB企業のアピールポイントは、顧客(納入先)の事例は重要であることは間違いないが、そこまでして全面に出すと、自社ブランドはどうなるのだろうか?他人のブランドで相撲をとるのはいいのだが、それがアイデンティティになるのだろうか?

広告でタレントを使ってブランディングする手法があるが、基本的には同じリスクを抱えているはずだ。
posted by 4430516 at 02:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

まねきねこダックの歌

マス広告の露出で、レコチョク先行販売1位。こうやってブログなどで口コミで広げられ、また拡大していくのだろう。歌も世界観も個人的には好き。

しかし、マス広告から雑誌やラジオなどで広がったものが、ネットで広がっているだけの構造は、いつまでもつだろう?担当している広告代理店のアートディレクターがつくるこの世界観への入れ込みようは半端ではないが、いち生活者としては、正直ブランドイメージが購買に結びつかない。

もう一押し、私個人への落とし込みがあると分かりやすい。それが、いわゆるこれからのネットマーケティングになるのだろう。

posted by 4430516 at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

売れる新車が偏っている

という記事をみて、2:8の法則を思い出す。
ホンダは、今年の7月度実績において
●フィット
●インサイト
●フリード
の3車種のみで、販売台数の約78%を占めるという。トヨタなどは「売れない多くの車種を淘汰し、売れる車だけに販売をシフトする」らしいが、想定ターゲットが車を買わずに他に流れているときに、さらに絞るということは、結局縮小均衡してしまうのではないか?とはいえ、効率重視の仮面をかぶり、新たなブランディングとその周辺上の新商品導入ということなら、ありだ。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

決めポーズの研究は面白いかも

GYAOトレンドの記事↓
女子高生のキメポーズ変遷! あなたはいくつ知っている?
http://trend.gyao.jp/trivia/entry-285289.html
このあたりのとことを、真剣に研究している社会学者の方はいらっしゃるだろうか。新橋のサラリーマンのインタビューのポーズとか、経営者がどんなところで写真に写っているかとか‥いろいろその時代を分析する手段もあるでしょうね。ちょっと気になったのでメモ。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

Walmartのスローガンから学ぶこと

Walmartのスローガンが昨年、いつも低価格(always low price)→節約して、よりよい暮らしを(save money live better)に変わった。このことについて、アル・ライズとロール・ライズは『War in the boardroom』で、「消費者の心に刻み込まれたウォルマートをあらわす言葉は、安さだ。安さは決して悪い言葉ではない。安さは万人にアピールする力はないからこそ効果があるのに、凡庸なものに取って代わった」と言っている。

最新号(2009年7月27日号)の日経ビジネス記事では、安さを訴えて大きく成長した今、それを追求するだけでは許されない存在になったからこそ、わざわざ「より良い暮らし」を掲げて、サスティナビリティを企業戦略に組み込まなくなったと分析している。安さを追求して、多くの業者の犠牲=雇用問題の増大を出してきたことを、今度はサスティナビリティを掲げて、批判の隠れ蓑にしようとしているとも。

マーケティング的には、安さというカテゴリーブランドのNO.1をキープするのが得策であるが、儲けかたに対する批判をかわすため、持続可能性というコンセプトをもってきたというのは、一理あるだろう。サスティナビリティというコンセプトが、ビジネスプラットフォームに乗せられたときに、果たして本当に私たちの生活にあらゆる意味で貢献するのか、しっかり考える必要がある。企画屋の我々としては、安易にサスティナビリティという言葉で、ごまかした風なことを書かないことでしょう。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

型だけ使うとこうなる

20090725_if_グリナ.jpg
コピーライティングの基本となる型を使っているが、「えっ!」に驚きのあるファクトはないし、「朝がつらい」ののも具体的にどんなシーンなのか、顧客便益はなんだろう‥というまえに、これはいったい何?「休息サプリメント」が、朝のつらさにどう役立つの?既存顧客向けならまだしも、これはインフォシークのバナー広告ですし‥。素人がコピーの書き方を見て書くとこうなりがちです。

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ケータイ・デジタルサイネージ

ケータイ電話を連続で設置して、デジタルサイネージができるというDNPの仕組みだが、デジタルサイネージの今日的定義からするとちょっと違うかもしれない。でも、書店などにはぴったりかもしれない。でも、アイデア次第でいろいろ活用できるな。(※詳細は会社のほうのブログに書いておきます)

モバイルデジタルサイネージ.JPG

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

OOHの質が上がっている?

最近、OOH、とりわけ電車内広告のクリエイティブの質の向上があるように思う。最も金額の高い中吊り広告はそれなりのクリエイティブを必要とするため、ここはいままでどおりかもしれないが、ドア横やドア上、ステッカーといわれている枠が、「それ単体で」よく練られた企画をベースにして作られている。

これまでは、マス広告の表現をリサイズして提示していたことが多かったのに。マスの売り上げが下がり、優秀なスタッフが「いわゆる」プロモーション分野にも進出してきたためではないだろうか(本来、マスもプロモーションなんだが)。業界全体の底上げにもつながり、非常によいこと。継続してウォッチする必要あり。

<参考>
ドア横.jpg ドア上.jpg ステッカー.jpg
※出典:サンエイ企画さんのWebサイト「交通広告徹底比較〜関東版〜」

blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 07:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

ABテスト

04.jpg05.jpg
宣言型か? 問いかけ型か?
これ以前の画像を見ると、宣言型のファクトを示すコピーは、本来的には不要なのかもしれない。しかし、静止画としてみる場合にはあったほうがいいので、やや小さくなっている。

ここに至るプロセスは↓
よくできたユニセフの広告である(amazonに掲載)

01.jpg
02.jpg
03.jpg

問いかけ型のほうがクリックレートは高いと思うが、実際はどうだろうか?


blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 08:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

トヨタがamazonに出稿している広告

20090621_amazon_toyota.jpg
トヨタの価格訴求→サイト誘導型広告がamazonに掲載されている。エコカー減税と補助金の話しは、確かに車体だけのイメージ広告に比べてCTRも高いだろう。しかし、ウェブ利用者に対して、「詳しくはウェブで!」というコピーはちょっとマヌケである。

それはさておき、CVをどこで見ているのだろうか?ランディングページをみると、いまひとつわからず回遊してしまう。また、店頭、商談、試乗、カタログとCVポイントはあるが、別ドメインに飛んでしまい利用しているほうは使いにくい。また、ログ解析でしっかり計測しているのかも疑問。

大手広告代理店に言われるがまま、いまのところはマス広告と同じで、PVの多いサイトに「貼り付けただけ」なのかもしれない。もっと研究したほうがいい。
blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 19:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリンスタンドの行方

ハイブリッド車は、1ヶ月に1回満タンにすればOKだという。そしてこの不況のあおりをうけて自動車の変え控えが増えるばかりか、手放してみるという人もでてきているようだ。実際、わが家が車を持つことを止めたことを聞いて、近所のお宅でも「持つこと」を見直してみる人もでてこられた。

そうなると、今後ガソリンスタンドの動向気なるところだ。近所のガソリンスタンドでは、早速1日2650円と、一般の半額程度でレンタカーを開始。カーシェアリングも、じきにはじまるかもしれない。もちろん、これまでのガソリンスタンドの延長上にあるような、電気の供給場所として生き残るのだろうが、数年後この業界も大きく様変わりする可能性が高い。

どんなポジションにしていくのか?エネルギー業界の動向に注目したい。
blogram投票ボタン
posted by 4430516 at 15:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 売れる仕組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン